インタビュー

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

足かけ9年にわたって刊行された、ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(小学館ガガガ文庫)が、昨年11月に完結した。短編集を含め、全17冊。物語の舞台は、作者の出身地である千葉市だ。

累計発行部数は1千万部を超え、『このライトノベルがすごい!』(宝島社)では3年連続で作品部門1位を獲得。史上初の殿堂入りを果たすなど、2010年代のラノベ作品を代表するマスターピースとして、『俺ガイル』の愛称を持つ本作は、ライトノベルの歴史に刻まれた。

2013年にテレビアニメ第1期が放送され、2020年開始予定の第3期では、終章が描かれる。長年、アニメを楽しみにしていた視聴者にとっても一区切り。では、作者の渡航(わたり・わたる)は、どのような気持ちで原作やアニメの終わりと向き合っているのだろうか。

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

アニメシリーズ最終章、第3期『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』のワンシーン

2009年、就職活動に苦しむ渡は、「ラノベ作家なら、なれるんじゃないか?」という理由で、妖怪、もののけなどの「あやかし」が跋扈(ばっこ)する江戸時代を舞台とした時代劇『あやかしがたり』を書き上げ、第3回小学館ライトノベル大賞ガガガ文庫部門で「ガガガ大賞」を受賞。とんとん拍子に始まった作家人生だったが、刊行されたのはわずか4冊。まったく売れなかった。デビューからわずか1年後のことだ。それがあってか、渡は人気作家になった今も、一般企業に勤務し兼業作家を続ける。

現在の住まいは都内ではあるものの、地元の千葉県には取材のためによく帰っているという。帰省のたび、変わりゆく故郷を見つめる渡の心情が、作品を通して見えてくるから不思議だ。千葉県を舞台に繰り広げられる青春群像劇は、どのようにして作り上げられたのかなど、渡に話を聞いた。

この作品に登場するキャラクターは、僕自身が持っていた思い出の断片

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

もしかしたら、本当にラブコメが始まらずに終わってしまうのでは……? と感じさせるほど、恋愛要素を置き去りにして進んでいった青春群像劇。その原因は、ひとえに、メインキャラクターたちが「ひねくれて」おり、「こじらせて」いたから。中学時代に友人ができなかった主人公の比企谷八幡(ひきがや・はちまん)は、「ぼっち」で高校生活を過ごすことを決め、それを誇りにさえ思っている皮肉屋。しかしある日、担任によって強制的に「奉仕部※」に入部させられる。

※依頼者の悩みを聞き、解決の手助けをする部活

そこで出会った、雪ノ下雪乃(ゆきのした・ゆきの)、由比ヶ浜結衣(ゆいがはま・ゆい)という2人の部員と過ごすうちに、受け身一辺倒だった八幡の性格にもゆっくりと変化が起きる。このメインキャスト3人はみな、他者とのコミュニケーションが不得手だ。

時代劇からラブコメと、今でこそ引き出しの多い渡だが、もともとは作家志望ですらない。話を聞くと、育ってきた環境に作家になるための種があった、と言えそうだ。

「父が本読みだったんです。たとえば、家のトイレには当たり前のように小説が置いてある。時代物が多かった記憶がありますね。司馬遼太郎や藤沢周平、池波正太郎……。なので、小説に対するハードルは、まったくありませんでした」

『あやかしがたり』が終わってから4カ月後の2011年、『俺ガイル』の1巻が発売される。舞台は江戸から現代へ。かつ、作中で描かれるのは高校生の日常であり青春。それを現役世代ではない渡が、生徒同士の会話や機微、スクールカーストなどのディテールを巧みに描いた。疑問なのは、年の離れた渡が、どのようにして「今の高校生世代の空気感」なるものを、すくいあげたのか、という点だ。

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

「高校や大学の頃って、楽しい時間もあったけれど、もちろんそうじゃないときも多々ありました。大人になって社会に出てみると、なおさら。本は出ても売れないし、会社の仕事も忙しいし、人間関係はさらに複雑になって『もうやってられないな』という状況。それが、学生時代と重なった感覚があったんですよね」

「作品ではスクールカースト的なものを書こうとしていますが、僕自身が高校生だったのはかなりの昔の話だし、現在のリアルを描くのは難しい。それに僕が高校生の頃にはまだ『スクールカースト』という言葉は根付いていませんでした。ですが、言語化されていなくても、みんながその存在にうすうす気付いていたと思うんです

「この物語を書きながら僕も『なるほど、あれがスクールカーストだったんだ』と気付きました。読者の多くが共有している感覚なんだなと。サッカー部はチャラくて、野球部は健全で爽やかな青春を気取っていて、テニスサークルは遊んでいる、みたいな構図は共感してもらえるんじゃないかなと思いました。僕は帰宅部だったから、高校のときは低い位置にいたと思います(笑)」

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

話を聞けば聞くほど、主人公・八幡は作家・渡航の映し鏡のように見える。どこか達観したように周りを観察し、シニカルで、それでいて憎めない。

「この作品に登場するキャラクターは、主人公に限らず、僕自身が持っていた思い出の断片なんです。登場する全キャラクターの一部を拾い集めていくと、僕の高校生活が成り立つ(笑)。『俺ガイル』を書いていて思ったのが、高校生って僕たちが認識しているよりは大人だなということ。彼らは『空気を読む』スキルが身に付いているので、人に合わせてしゃべることも、何かを察知して黙っておくこともあります」

「フラッシュバックではないですが、20歳の頃や30歳を超えて仕事をしているときでも、『あの頃(高校時代)もこんな感じだったな』と思うことがあります。ここでは黙っておくか、話を聞いておくか、相手に合わせておくか、というシチュエーションは社会人でもよくあることなので、今も昔も変わっていないなと」

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

「会社組織に勤めれば、当然肩書の付いている人がいて、取引先の人間がいる。作家だったらこの人の方が売れている、この人の方がキャリアが長い、となります。相変わらず僕たちは、その世界から逃れられないんだなと……完全に業(カルマ)ですね(笑)

半年ごとに新しくなる街・千葉市

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

かつては主に千葉と茨城、栃木で販売されていた「マックスコーヒー」。とても甘い。作中によく登場する

渡の地元である千葉市が舞台の本作には、数々の「ご当地ネタ」が出てくる。商業施設・ららぽーとや、海浜幕張駅、高原千葉村(所在地は群馬県だが、設置、管理・運営は千葉市。2019年廃止)など、千葉県民にはおなじみのものばかりだ。千葉の魅力について、渡に尋ねてみた。

「うーん、魅力……。特に魅力はないです(笑)。生まれ育って、暮らしていた人間からすると、いい場所なのは当たり前すぎて、よその方に説明するのが難しいですね。作中で書いているのもとっぴなことや特別なことはなくて、自分の半径3メートルの内容なんです。身近な物語が書きたくて、自分にとって一番リアリティーを感じられるのが生まれ育った千葉だったので、作品の舞台を千葉県にしました。理由は単純なんです」

「今も頻繁に取材のために帰っていますが、そのたびに街が発展していて、知らない道や新しい施設ができているのには驚きます。昔は『大都市の幕張新都心が都心機能を一切備えていない時点で、この街に未来はない』と思っていたのですが(笑)。都内の大学へ進学して、そして就職した今になってみると、地味なことばかりだけど常に新しい発見があるというのは、素直に、すごいことだと思うんです」

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

JR稲毛海岸駅前にある商業施設「マリンピア」。原作では「ワリンピア」として登場

「変わらないところはずっと変わらないのも魅力的ですね。たとえば、印旛沼から海沿いに続くサイクリングコースがあって、それは高校時代、僕が通学に使っていたところだったのですが、今もまだ残っています。原風景を残しながら、発展するところは発展している。だから、久しぶりに帰ってもわくわくできる。半年ごとに新しい施設ができるので、そのたびに興奮しますね(笑)。原作やアニメから、千葉県の古いものと新しいものが並ぶ、コントラストを楽しんでもらえたらと思います」

『俺ガイル』はライフワーク 子育てかもしれない

アニメの最終章が終わっても、コミックスなどの展開はまだまだ続く。最近ではアンソロジー小説が刊行され、渡本人も、「これからも彼らと付き合っていくことになるでしょう」と、過酷で多忙な日々を送っている作家とは思えない笑顔で、この先の展望を語っていた。完結しても、それが終わりではない。作家・渡航に休みはない。

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

「原作が終わったあと、喪失感があるんじゃないかと想像していたんです。が、週が明けないうちから『俺ガイル』の別の仕事をずっとやっていたので……(笑)。だんだん、ライフワークだと思うようになりました。作品は子どもですから、子育てみたいに思えてきたんですね。だから、これから先も彼らの話をどこかで書いていくと思います」

「ただ難しいことも多いんですよね。この『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』という作品はキャラクター自身のNGがたくさんある。彼らは直接的な物言いや感情表現をあまりしないんです。たとえば、現実に八幡がいるとしたら、絶対にやらないことや、許さないことがある。ストーリー的にはこうなるだろうというプロットを考えていても、『いや、このキャラクターはこんなことしないはずだ』となると、その後の展開も考え直すことになります。すると、もっと書かなければならないことが出てきて、どんどん冊数が増えていきました」

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

「この作品で、とにかく言いたいのは、『お前ら、ちゃんと話し合えよ!』ということ。僕の世代や少し下の世代で結構多いと思うのですが、人とのコミュニケーションを回避しがちですよね。雑に説明すると、他人に合わせるだけとか、LINEが来ても表示だけ見て置いておくとか(笑)。自分もよくやります」

「プレゆとりから、ゆとり世代を背負ってきた僕の業(カルマ)として、『失敗するとやばいな』という恐怖がずっと残っています。メインキャラクターにはそれが一番反映されていたような気がしますね」

「コミュニケーションを回避することは、自分へのセーフティーネットですし、相手を傷付けないための予防線。別に悪いわけじゃない。もしかしたら、今の若い世代は昔の人たちよりずっと優しいんじゃないかと思います。でも、その優しい気づかいってすごく面倒なんですよね。話し合えばわかるとは言うものの、話し方によっては全然伝わらない。話して伝わるなら誰も苦労しないよ……と」

「だけど、何度もやらかしているとそのうちいい塩梅(あんばい)がわかってくる。だから僕も、自分の過去については後悔していません。言わなければよかった……と思うことは、数えられないくらいありますけど(笑)。この本やアニメを見てくれた人たちにも、『お前ら、ちゃんと話し合えよ! 話しても伝わらないけど! それでも!』と言っておきたいですね(笑)」

ラノベの大人気作『俺ガイル』著者語る 「コミュニケーションを回避するな、お前らちゃんと話し合え!と言いたい」

テレビアニメ第3期より先行カット

(文・岡本尚之 写真・小財美香子 文中敬称略)

渡航(わたり・わたる)
1987年、千葉県千葉市生まれ。2009年、第3回小学館ライトノベル大賞ガガガ文庫部門で「ガガガ大賞」を受賞した『あやかしがたり』でデビュー。2011年刊行の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』がじわじわと支持を集め、大ヒット作に。最新作に『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー: 雪乃side (1)』『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー:オンパレード (2)』(いずれもガガガ文庫)がある。4月以降もアンソロジーの刊行が続く予定。

 

テレビアニメ『やはりやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』 

【番組からのお知らせ】
今春4月から放送予定の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』ですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、放送延期となりました。新たなスタート日については、放送日程が決まり次第、番組のHP・公式Twitter上でお知らせいたします。放送日程延期に伴い、4月9日(木)深夜25時58分(1時58分)からは、シリーズ前作の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』をお送りします。

<STAFF>
原作:渡 航(小学館「ガガガ文庫」)
キャラクター原案:ぽんかん⑧
監督:及川 啓
シリーズ構成:大知慶一郎
キャラクターデザイン:田中雄一
音楽:石濱 翔(MONACA)、高橋邦幸(MONACA)
音響監督:本山 哲
アニメーション制作:feel.

<CAST>
比企谷八幡:江口拓也
雪ノ下雪乃:早見沙織
由比ヶ浜結衣:東山奈央
一色いろは:佐倉綾音

公式HP https://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/

(C) 渡航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

あわせて読みたい

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

内藤剛志「普通のことを、当たり前にやるだけ」 才能ない自分と向き合い続けた役者生活40年

一覧へ戻る

「目標もないし、やめようという気も起きない」 アンジャッシュが悟りの境地に達した冠番組

RECOMMENDおすすめの記事