一眼気分

ピットにたたずんだアイルトン・セナ 写真の魅力を実感した一枚

僕が写真を始めた動機は、今考えても子供じみている。それはカメラマンなら現場で最前線に行ける、というより最前線に行かなくては撮れない。つまり、良くも悪くも一番前に行けること、そしてイベントを追い世界を回れること。子供の頃から好奇心旺盛であった僕は、この二つの理由でカメラマンという職種を選んだ。

当時、僕の中ではスポーツジャーナリストになるという、もう一つの選択肢があった。しかし、モニターを見ながらプレス席で原稿を書くという行為が性に合わないと思った。ときに選手同士がぶつかり飛んで来る瞬間や、飛び散る汗を感じるくらい至近距離で撮影する方が心地よかったのだ。

Photo:Masakazu Miyata

Photo:Masakazu Miyata【もっと写真を見る】

そして現実にスポーツイベントの撮影で、オリンピックや世界選手権、NBAバスケットボール、テニスのウィンブルドン、フレンチオープンなど、多種多様のイベントで世界中を回り、一年の半分以上は海外で暮らす生活を送っていた。

海外を飛び回る生活は若い僕には楽しかったが、正直に言えば当時は写真に対してそれほど情熱があったわけでもなく、なんとなく仕事としてこなしているような状態だった。それは雑誌と契約してF1グランプリを追いかけるようになってからも変わらなかった。F1が好き? レースが好き? そう問われても当時の僕には答えられなかった。残念ながらそれは仕事だったから……。

Photo:Masakazu Miyata

Photo:Masakazu Miyata【もっと写真を見る】

だが、そんな僕が写真の力と魅力を感じ、写真が好きになるきっかけとなる出来事があった。

それは自分自身が撮影した一枚の写真から始まった。故人となったF1ドライバー、アイルトン・セナの一枚の写真だ。

冒頭の写真は1991年に行われたメキシコGP予選終了後のピットでの一枚だ。メキシコに入る前に水上バイクで転倒し、頭部に軽いケガをして挑んだ彼は、レースの予選でコースアウトを喫しマシンは横転。そのアクシデントでケガは無かったが、彼の様子はいつもとは異なり、予選終了後も一人でピットにたたずんでいた。

偶然その姿を見つけた僕は、愛用の200mmのレンズをつけて狙った。しかもその瞬間は、ピットに彼と僕しかいなかった。僕のカメラと望遠レンズに気付くと、彼はじっと僕のレンズを睨(にら)むともなく何か言いたげに見つめていた。

当然僕はチャンスと思いシャッターを切る、1枚、2枚、でも彼は動かない。ファインダー越しに対峙(たいじ)した僕はその瞬間、特に訳もなく「カメラを下ろしたら負けだ!」そう思った(笑)。そして更にシャッターを切り続ける……。

だが、残念なことに当時は36枚撮りのフィルムだったので、36枚を撮り終えた僕のカメラからはフィルムを巻き戻すモーターの音がむなしく響いた。その瞬間、彼はニヤッと笑ってその場を後にした。

負けた……理由はわからないがそう思った。

この写真は自分の写真展や写真集でも使用したので、会場でも色々と聞かれた。それまで何となく感じていた、たった一枚の写真から幾つもの解釈が生まれることを直接体験できたのだ。僕の想像をはるかに超えたストーリーやもっと冷静なコメントなど、様々な反応が返ってきた。

もちろんこの一枚に感じた僕の思いはある。しかし、東京からメキシコシティーまで20時間、1万1千キロも飛行機を乗り継いでやってきて、現場で数メートルの距離で撮影した本人と、普通に一枚の写真を見た人では感じることが異なって当たり前。だからどの感想も正解なのだが、10人いれば10人の感想があるのが面白かった。何よりも写真展や写真集で僕自身がもっといいと思っていた写真よりも反響が多く、写真って不思議だな、素直にそう思ったのだ。

そして僕はこの写真をきっかけに、遅まきながら写真について考えるようになった。ただ格好いい写真を撮ればいいのではなく、考えながら、感じながらシャッターを切るようになっていった。その結果、それまで微塵(みじん)も感じることのなかったシャッターを切る難しさも思い知った。

Photo:Masakazu Miyata

Photo:Masakazu Miyata【もっと写真を見る】

長い間サーキットで写真を撮り続けていると、思わぬ場面に出会うことも少なくない。だが多くの場合、ドライバーと目線を合わせて写真を撮ることはない。意図せず偶然のタイミングで生まれた数秒間、この瞬間は特別であった。

いつか彼にその時の話をしようと思っていたのだが、それも為(な)せず彼はアクシデントでこの世を去ってしまった。

Photo:Masakazu Miyata

Photo:Masakazu Miyata【もっと写真を見る】

写真の持つ力。撮り手の思いや被写体の持つエネルギーが、瞬間的に強烈なインパクトを生み出すことがある。

見た人の心に残る一枚。その一枚に存在する物語を直接的に伝えるのではなく、見る人の感性というフィルターを通して、それぞれの物語として受け止めてもらうこと。一枚の写真が、見る人の経験や価値観、その時の気分、状況で全く異なる見え方をする。

全く面識のない人といきなり琴線が触れ合うような反応を受けたり、こう思うかなと普段からよく知っている人の反応が意外なものだったりすることもある。自分のイメージや想像を超える反応が面白く楽しい。

それが写真の最大の魅力でもあり、難しいところでもあると思う。でも今の僕なら堂々と言える、本当に写真は面白い! そして写真が好きだと。

Photo:Masakazu Miyata

Photo:Masakazu Miyata【もっと写真を見る】

    ◇
フォトギャラリーはこちら

あわせて読みたい

モータースポーツを撮ってきた写真家が女子ゴルフ大会で切り取った静と動

モータースポーツを撮り続ける理由 F1グランプリの現場に宿るアスリートの魂

もう一度素直な気持ちで、レンズを通して「瞬間」を収める

一眼気分:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

宮田正和

東京浅草生まれ。1984年のロサンゼルス・オリンピックをはじめ、NBAバスケットボール、各種世界選手権、テニスのグランドスラム大会、ゴルフの全英オープンなどスポーツを中心に世界を舞台に撮影を続ける。1987年、ブラジルF1グランプリを撮影。マシンの持つ美しさ、人間模様にひかれ、1988年よりフランスのパリ、ニースに4年間ベースを移し、以来F1グランプリ、オートバイの世界選手権、ルマン24時間耐久レースなどモータースポーツをメインテーマとして活動を続ける。AIPS(国際スポーツ記者協会会員)A.J.P.S(日本スポーツプレス協会会員)F.O.P.A(Formula One Photographers Association会員)

季節の変化と静寂を求めて 2020年の桜を撮る

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事