キャンピングカーで行こう!

さながら「動く豪邸」 クラスAキャンピングカーの魅力

アメリカ製キャンピングカーの中でも、圧倒的な広さと快適さを備えているのが「クラスA」。日本ではあまり見かけませんが、一部のファンから熱狂的に支持されています。今回はそんなクラスAに注目してみます。

キャンピングカー専用設計 日本で言う「フルコン」

キャンピングカーの形状の呼び名は国によってさまざま。アメリカではタイプ別に「クラスA」「クラスB」「クラスC」という名称が使われています。ABCだからといって、優劣をつけたものではありません。

日本のキャンピングカーに当てはめるなら、クラスAはフルコン、クラスBがバンコン、クラスCがキャブコンにそれぞれ相当します。

クラスAの外観はまるでバスなので「日本ではバスコン(バスに架装したもの)なのでは?」と思われがちですが、クラスAは専用のシャシー(下の画像)に専用ボディーを架装したもの。前から後ろまですっかりキャンピングカー専用設計というわけです。

比較的コンパクト(それでも日本の大型バス並み)に使われる、フロントエンジンシャシー(FR)。こちらはガソリンエンジンが使われる(Photo:Ford Motor Company)

比較的コンパクト(それでも日本の大型バス並み)に使われる、フロントエンジンシャシー(FR)。こちらはガソリンエンジンが使われる(Photo:Ford Motor Company)

シャシーの画像を見ていただけばわかるとおり、文字どおりスケルトンです。運転席・助手席の屋根もドアさえもありません。

ということは、土台の上に好きに家部分を架装できるため、大きさも形も、シャシーの範囲を逸脱しなければ自由自在ということです。

ベースとなるシャシーには大きく2種類あります。

一つはFR。フォードのシャシーがこのタイプですが、エンジンはフロントに、駆動系はリアにあります。

大型クラスAに使われるリアエンジンシャシー(RR)の一例。写真左側がリア(エンジン搭載)、右側が進行方向になる。搭載されるのはディーゼルエンジンだ(Photo:The Shyft Group)

大型クラスAに使われるリアエンジンシャシー(RR)の一例。写真左側がリア(エンジン搭載)、右側が進行方向になる。搭載されるのはディーゼルエンジンだ(Photo:The Shyft Group)

もう一つのタイプはRR。シャシーだけの画像だとハンドルすらついていないので戸惑うかもしれませんが、エンジンも駆動系もすべてリアにあるタイプ。日本では路線バスや観光バスがこのタイプです。

さて、この魚の骨のようなスケルトンの上に、丸ごと専用設計で架装されるクラスAにはどんな装備があるでしょうか。

居室空間広がる「スライドアウト」

まず、アメリカらしい装備といえば「スライドアウト」。これは車両の後部や側面が押し出されて、居室が広くなる機構です。走行中は細身のまま、停泊中は広々と、という発想です。

アメリカ本国でもクラスAは最大クラスですから、スライドアウトもけちけちしません。スライド量は50cmほどで、両側スライドとなると部屋が左右に1mほども広がる計算です。

奥の方にチラッと見える運転席がなければ、車とは思えないリビングの風景。キッチンも右手のソファ部分もスライドアウトして広がっている(Photo:Winnebago Ind.)

奥の方にチラッと見える運転席がなければ、車とは思えないリビングの風景。キッチンも右手のソファ部分もスライドアウトして広がっている(Photo:Winnebago Ind.)

キッチン、バスルーム、シャワー、トイレが標準装備で、キッチンはガスコンロ、ガスオーブンともにほぼ一般家庭と同じサイズ。冷蔵庫も日本の標準的な家庭用と変わらない大きさです。

そしてユニークなのが寝室です。これだけ広ければ、さぞ大人数で寝られるだろうと思われるでしょうが、実はほとんどのクラスAが、就寝定員4名以内。寝室にメーンとなるクイーンサイズのベッドがひとつと、ゲスト用に折り畳み式のダブルサイズがひとつ、というのが標準装備。どんなに大きな車でも、眠れるのは最大4人なのです。

なぜこのような仕様なのか。そこには、アメリカ人の遊び方、余暇の過ごし方の考えが反映されています。

アメリカ文化を背景にしたカップル仕様

欧米社会はカップル文化です。パーティーには夫婦やカップルで参加しますし、外食も基本はカップルが最小単位。キャンピングカー旅の考え方も同様です。ファミリーや仲間でわいわい楽しむことがないわけではありませんが、小さい子どものいる家庭なら、4人以上が寝られる仕様のクラスC(日本で言うキャブコン)タイプを主にチョイスします。

クラスAを選ぶ人たちは、子どもも独立し、仕事からもリタイアした老夫婦というのが一般的なモデルです。基本的には時間も自由自在で、週末や夏冬のバケーションにこだわることなく、のんびりと全米を周遊する。そんな使い方をする人が多いようです。

そしてもうひとつ。アメリカ製キャンピングカーを見るたびに思うことは、彼らは本当に、いついかなる時も「便利な日常生活」を諦めたくない人たちなんだなあ、ということ。ご紹介したとおり、豪華な設備をどこへでも持ち歩きます。リビングには大きなテレビ。暖炉の画像がついたファンヒーター。ふかふかのカウチ。だったら家にいればいいじゃないかと言いたくなります。

キッチンもこの通り。冷蔵庫も電子レンジもなにもかもが「普通の家」サイズだ(Photo:Winnebago Ind.)

キッチンもこの通り。冷蔵庫も電子レンジもなにもかもが「普通の家」サイズだ(Photo:Winnebago Ind.)

それでも彼らは旅がしたいのです。アリゾナの荒野も、ロッキーマウンテンの雪も、フロリダの7マイルブリッジにも、快適な我が家を携えて、どこへでも。

アメリカのRV用品店でお会いした老夫婦に話を聞いたことがあります。彼らはまさに典型的な、リタイア後のカップルでした。どこに住んでいるのか尋ねたら「ミルウォーキーに家があった」と言います。

「家は売ってしまったの。だからこの車が今の我が家よ」と奥様。それを受けて主は「夏になったら涼しいカナディアンロッキーを目指すんです。で、寒くなってきたらフロリダかカリフォルニアめがけて南下します」とのことでした。

日本で乗るには、ほぼ中古車一択

大きくて豪華装備を搭載したクラスAなら、お値段もそれなりにします。全長10mほどのコンパクト(?)なものでも1500万円ほど。フラッグシップモデルともなれば5000万円超も珍しくありません。しかし日本にも少数派とはいえ一定数の愛好家がいます。贅沢(ぜいたく)な造りと広い室内空間に憧れて「いつかはクラスA」という“予備軍”まで含めると、実は結構な人数のファンがいるのではないかと思っています。ところが残念なことに、現時点で日本での新車販売は、ほぼゼロなのです。

以前にアメリカ製キャンピングカーの記事でお伝えしたとおり、2000年ころから、アメリカではキャンピングカーの大型化が進みました(参照:ダイナミックなアメリカ製キャンピングカーの魅力)。結果、日本で登録できないサイズばかりになってしまったのです。日本の車両サイズは「道路運送車両の保安基準」の中で、長さ12m、幅2.5m、高さ3.8mを超えてはならないと定められています。

例えば、Winnebago社のフラッグシップモデル「Horizon 42Q」は全長13.2m、全幅2.6m、全高3.9mとすべての数値が保安基準を超えています。よりコンパクトなモデルもありますが、全幅が基準を超えてしまうので、残念ながら国内では登録をすることができません。

そんなわけで、クラスAに乗りたければ、大型化が進む前の、登録できるサイズの中古車を入手するしかありません。が、そんなにがっかりする必要もありません。何と言ってもアメリカ車は丈夫さが身上。アメリカ本国でも20年以上経過したモデルがまだまだ走っています。そしてそんな市場の状況を受けて、部品の入手も容易。日本でも中古車を扱っている会社はいくつかあるので、気になる人は探してみるのがおすすめです。

クイーンサイズのベッドが鎮座するメーンベッドルーム。クローゼットの収納力も一般家庭並みなので通年、旅生活もできそう

クイーンサイズのベッドが鎮座するメーンベッドルーム。クローゼットの収納力も一般家庭並みなので通年、旅生活もできそう

最後にひとつだけ、中古クラスAを探すときのポイントをお伝えしましょう。それは、経験豊富な業者から購入すること。

居室部分の設備が大きくて充実している分、いわば「動く中古住宅」を買うようなものです。水回り、電気系統はもちろん、ベッドなどの家具類の品質の良しあしが、使い勝手に直結します。きちんとリフォームしてから販売しているか、もしもの故障には対応してもらえるか、しっかり確認することが大切です。

(TOP画像:Winnebago Ind.)

あわせて読みたい

これぞアメリカン! 余裕の空間と充実装備のフォード・Eシリーズ

ラグジュアリーな内装に充実装備 勢力拡大中のヨーロッパ製キャンピングカー

キャンピングカーで行こう!:連載一覧はこちら

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹と妻ひとり。

・YouTubeチャンネル「キャンピングカー坊主めくり」開設!
https://www.youtube.com/channel/UCZzeJtgZFLR0yJLkr052kug

国産キャブコンのベース車 なぜトヨタ・カムロードの独走状態なのか

一覧へ戻る

待ち望んだ移動制限解除 旅の再開前に装備・感染予防の入念チェックを

RECOMMENDおすすめの記事