今日からランナー

ランナーの走りを解析しアドバイス スマートシューズに高まる期待

ランナーにとって久々に前向きなニュースが飛び込んできた。スポーツ用品大手のアシックスが次世代フットウェアを研究しているベンチャー企業のno new folk studio(ノーニューフォークスタジオ=nnf)と共同開発した超画期的なトレーニング用シューズが、クラウドファンディングのMakuake(マクアケ)を使って先行予約販売を始めたのだ。

どこが画期的なのかというと、驚くなかれ「シューズが、コーチになる」というのである。そんなバカなと思うかもしれないが、本当の話だ。走ることに対するアシックスの長年にわたる研究によって蓄積された膨大なデータとnnfの最新技術の組み合わせでそれが可能となった。

順を追って説明すると、まずシューズのミッドソール(中敷きと靴底の中間クッション部分)に足の細かな動きをリアルタイムに感知する特殊なセンサーが組み込まれている。これを履いて走ると、例えば足のどの部分から着地しているか(ヒールからか、つま先からか……)とか、接地時間やプロネーションと呼ばれる左右の足の傾き、着地衝撃、ストライドの長さと高さ、ピッチのほか、走行距離やペース、走ったコースなどがデータ化される。

アシックスのスマートシューズ。ミッドソールにセンサーが仕込まれている

アシックスのスマートシューズ。ミッドソールにセンサーが仕込まれている

こうして取得されたランニング時のデータをAIと連動した専用アプリで受け取る。そこには、アシックススポーツ工学研究所での長年の研究による知見が組み込まれていて、ランナーの走りを次の5項目で評価する。

・地面を蹴る力
・前に進むときの力の使い方
・着地時のブレーキの強さ
・着地時に足にかかる衝撃
・関節への負担

ランニング後に全体のデータが解析されて、左右の足の動きやランニングのタイプがレーダーチャートなどで可視化される(写真参照)。さらに、より良い走りのためのアドバイスや、その「より良い走り」を実現するための「おすすめトレーニング」なども提案してくれる。まさに、“コーチ”そのものなのである。

足底の着地部分やストライドの長さ、高さなどが計測される

足底の着地部分やストライドの長さ、高さなどが計測される

着地の傾向をグラフで表し、左右のバランスもチェックできる

着地の傾向をグラフで表し、左右のバランスもチェックできる

だが、驚くのはまだ早い。このシューズがさらに画期的なのは、ランニング中もリアルタイム(約30秒おき)で音声によるアドバイスをしてくれるという点だ。例えば、キック力が小さいランナーに対しては「ストライドを長くしましょう」とか、着地時の衝撃が強すぎるランナーには「着地の足を体の真下に戻し、路面に真っすぐ押し込むイメージで走りましょう」といった感じで“声がけ”してもらえるというのだ。リアルなコーチが伴走しても、ここまでのアドバイスはできないだろう。さすがである。

ランニングのタイプがレーダーチャートで可視化される

ランニングのタイプがレーダーチャートで可視化される

計測したデータを元に“より良い”走りをアドバイスしてくれる

計測したデータを元に“より良い”走りをアドバイスしてくれる

さあ、本連載の常連読者なら、ここまで読んだらあることに気づくはずだ。筆者は昨年7月に〈自分の走りを客観的に分析 スマートフットウェア「オルフェトラック」の実力〉という記事を書いている。シューズに埋め込まれたセンサーでランニングフォームのチェックができる「ORPHE TRACK(オルフェトラック)」というスマートシューズを紹介した。そう、このオルフェトラックを開発したベンチャーこそが、今回、アシックスのパートナーとなったnnfだったのだ。

nnfとアシックスは約3年前から共同でスマートシューズの開発を進めていた。2020年1月にnnfはアシックスの投資子会社、アシックス・ベンチャーズから出資を受けた。直後に今回クラウドファンディングによる先行予約販売が始まったシューズのプロトタイプが公表された。そのときはベースとなったシューズがアシックスの「GLIDERIDE(グライドライド)」だったが、今回のローンチではベースシューズに「EVORIDE(エボライド)」が選ばれた。完成したスマートシューズの名前は「EVORIDE ORPHE(エボライドオルフェ)」である。

エボライドもグライドライドも靴底前部にカーブを設けた「GUIDESOLE(ガイドソール)」というアシックスの最新ソールテクノロジーが採用されている。より少ないエネルギーで“転がるように”走れることが特徴だ。今年6月には同シリーズの最上級者用モデル「メタレーサー」も発売されている〈超エリートランナー向け厚底シューズ アシックス「メタレーサー」がついに登場〉。

EVORIDE ORPHE ホワイト(センサキット付きMakuake特別価格31,500円+税)

EVORIDE ORPHE ホワイト(センサキット付きMakuake特別価格31,500円+税)

足の動きをデータ化するセンサーは加速度センサーとジャイロセンサーを組み合わせたもので、これはnnfの持つテクノロジーだ。シューズ本来の機能を損なわないようにするため、前出のオルフェトラックに装着されたセンサー(ORPHE CORE 1.0)を改良して、測定精度や感知速度を落とさず約50%の軽量化に成功した(同 2.0)。このセンサー技術がなければ、大手のアシックスといえどもスマートシューズを完成させることはできなかっただろう。

だが、nnfの技術だけでは、ランニングをデータ化、可視化することはできても、その「応用」にはつながらなかったはずだ。そこに貢献したのが、アシックスが持つランニングに関する世界レベルの知見だった。この両者の組み合わせにより、世界初の「コーチのようなシューズ」が誕生したというわけだ。

EVORIDE ORPHE ブラック(センサキット付きMakuake特別価格31,500円+税)

EVORIDE ORPHE ブラック(センサキット付きMakuake特別価格31,500円+税)

開発に携わったアシックススポーツ工学研究所主任研究員の猪股貴志さんは「ランニングのデータが可視化できるウェアラブルデバイスはいくつも開発されている。しかし、一歩一歩をリアルタイムで解析してフィードバックが受けられるシステムは他にない。ハードではなく、パーソナルなコーチングというサービスを売るビジネスモデルにすることに、いちばんこだわりました」と言う。

nnf代表取締役CEOの菊川裕也さんも「センサーの軽量化には苦心したが、(アシックススポーツ工学研究所にあるような)大がかりな設備がなくても、ランニングフォームのチェック・分析ができるようになりました。いわゆる“研究の世界”で培われてきたランニングのノウハウが、市民ランナーでも活用できるようになる。(今回のローンチは)まだスタート段階で、今後、集まったビッグデータによって研究もさらに進化するし、シューズの改善も続きます」と語っている。

新型コロナで暗いニュースばかりの中、なかなかに楽しい話ではないか。ちなみに、マクアケの先行予約販売は7月21日から始まり、開始約3時間半で目標額の300万円を達成してしまった。クラウドファンディングは10月18日までやっている。また、東京・丸の内にあるランニングステーションを併設した「ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI(アシックスラン東京丸の内)」では、このスマートシューズの試し履きも実施している(先着順、電話予約可)。

PROFILE

山口一臣

1961年東京生まれ。ゴルフダイジェスト社を経て89年に朝日新聞社入社。週刊誌歴3誌27年。2005年11月から11年3月まで『週刊朝日』編集長。この間、テレビやラジオのコメンテーターなども務める。16年11月30日に朝日新聞社を退社。株式会社POWER NEWSを設立し、代表取締役。2010年のJALホノルルマラソン以来、フルマラソン20回完走! 自己ベストは3時間41分19秒(ネット)。

GPS計測とスマホアプリを活用 盛況の「オンラインマラソン」は定着するか

一覧へ戻る

おやじランナーにもおすすめ? 練習から本番レースまで使い倒せる“ナイキの厚底”新モデル

RECOMMENDおすすめの記事