小川フミオのモーターカー

“ひと皮むけた”ハッチバック 国内外で人気を得たトヨタ・カローラFX

トヨタ自動車が「カローラFX」を発売した1984年は、ハッチバック車が“ひと皮むけた”時代だった。「三菱ミラージュ」と「マツダ・ファミリア」でスタイリッシュになり、さらに今度はスポーティーな存在へと成長したのだ。

(TOP写真:パワフルさで人気をよんだカローラFX 1600GT)

78年の三菱ミラージュ、続いて、80年に登場して、当時の若者を中心に数多くのユーザーを獲得した初代FWDファミリア。引き続きこのカローラFX。どれも、直線を生かしたシャープな印象のスタイリングである。加えて、カップル二組で出かけられるパッケージ、スポーティーなドライブ性能。これらが新しいトレンドだったといえる。

オレンジ色の文字が雰囲気を出していた1600GTのメーターまわり

オレンジ色の文字が雰囲気を出していた1600GTのメーターまわり

トヨタが送り出したカローラFXは、スターレットの上に位置する、やや大きめのボディーサイズ(全長3970ミリ)で室内が広く機能的。83年に初めて前輪駆動化した「カローラ」がベースだ。

全長4メートル弱のボディーは、2ドアと4ドアが設定されていた。リアコンビネーションランプを横型にして、バンパーにくっつきそうな位置にまで下げることで、テールゲートの大きさを強調。スタイリッシュではないものの合理的。ファストバックボディーの「スプリンター」と同様のデザインコンセプトだ。

大きなサイドサポートのシートを備えた1600GT(写真はカッタウェイモデル)

大きなサイドサポートのシートを備えた1600GT(写真はカッタウェイモデル)

最大のセリングポイントは130馬力の1.6リッターエンジン搭載「1600GT」の設定だろう。バンパーまで車体同色のボディーに赤いラインがスタイリッシュだった。

DOHC16バルブヘッドに燃料噴射装置の組み合わせで130馬力を出した4A-GELU型エンジン

DOHC16バルブヘッドに燃料噴射装置の組み合わせで130馬力を出した4A-GELU型エンジン

モータースポーツを楽しむ人のあいだでも人気が出たカローラFXの1600GTは、日本製ホットハッチ(高性能ハッチバック)の先頭を行く存在だった。同じ年にホンダが135馬力のシビックSiを発表し、マーケットに活気が出たのもよかった。

FX1600GTの1.6リッター4気筒DOHC16バルブエンジン(4A-GELU型)は、AE86型の「レビン/トレノ」や、FXと同じ84年にデビューした初代「MR2」と基本的に同じものだ。それもイメージ作りにひと役買っている。

大きなハッチゲートに4ドアと実用性も十分だった

大きなハッチゲートに4ドアと実用性も十分だった

自動車会社は、いってみれば順列組み合わせでクルマを作るものだ。スポーツモデルにも事欠かなかったトヨタ自動車だからこそ、欧州でトレンドになっていたホットハッチの対抗馬として、FX1600GTを開発することが出来たといえる。

もちろん、フツウのモデルも決して悪くなかった。先に触れたように、スペース的な余裕のある室内を始めとする合理的なパッケージに、1.5リッターあるいは1.6リッターSOHC(100馬力)エンジンは十分な力を発揮。87年にモデルチェンジを受けるまで、国内外(欧州)で人気を得ていた。

気化器を備えた1.5リッターエンジン搭載の1500G

気化器を備えた1.5リッターエンジン搭載の1500G

(写真=トヨタ自動車提供)

【スペックス】
車名 トヨタ・カローラFX 3ドア1600GT
全長×全幅×全高 3970×1635×1385mm
1587cc 4気筒 前輪駆動
最高出力 130ps@6600rpm
最大トルク 15.2kgm@5200rpm

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

斬新なデザインで新しい高級車像を追求した 英ローバー「SD1」

一覧へ戻る

軽量、操縦性優先のピュアスポーツカー ロータス・ユーロッパ

RECOMMENDおすすめの記事