山城さくらのキャンプFM

コロナ禍におけるキャンプとの付き合い方

自粛生活が始まり、約半年。

先日久しぶりにキャンプに行ってきました。都会での暮らしも好きだけど、五感をフルに使い、体全体で大自然の空気をすいこんだ瞬間「あぁ、やっと帰ってこられた」そんな気持ちに。

外の遊びゆえに3密にはなりにくく、暑さも落ち着き外で過ごすのに心地よい季節に。キャンプに行きたい欲がますます高まっているのは私だけではないはず……!

とはいえ、キャンプ場を利用する以上、人との接触を完全に避けることはできません。安心して楽しむために意識することも増え、キャンプ場にも変化を感じます。

密にならないキャンプ場選び

コロナ禍におけるキャンプとの付き合い方

実は、ここ最近キャンプ場の予約がまったく取れません。キャンプ人口が増えているからかと思いきや、実はキャンプ場が密を避けるために予約数を制限しているから……!

でもこれもほんの一部の話。人数制限をしていない場所には他のキャンプ場に入れなかった人々が流れ込み、かなり密な場所も。私はこれまでも人が多い場所は避けていましたが、なんとも流れが読めない今、場所選びはより慎重になりそうです。

ここでは実際にキャンプで気を付けるべきポイントをまとめてみました。

①マスクの着用を

「フィジカルスタンスを開けてご利用ください」「手洗いのご協力をお願いします」「パーソナルスペースをご利用の際はなるべくマスクの着用をお願いします」「密集にならない様、お願い致します」「会計時などは最少人数でお願い致します」と書かれた紙が配られた

「フィジカルスタンスを開けてご利用ください」「手洗いのご協力をお願い致します」「パーソナルスペースをご利用の際はなるべくマスクの着用をお願い致します」「密集にならない様、お願い致します」「会計時などは最少人数でお願い致します」と書かれた注意書き

 場所選びに加えて気をつけたいのは、「キャンプでもしっかりマスクをすること」。

特に、受付・お手洗い・水場など共有スペースに行くときのマスク着用はいまや必須です。つい解放的な気分になり外したくなってしまいますが、これも新しいキャンプマナーだと思っています。

とはいえ、せっかくのキャンプ。山の新鮮な空気や木々の香りも楽しみたい……!

だからこそ、混雑していないキャンプ場を選ぶ必要があるし、共有スペースにあまり行かないでもいいように買い出しはあらかじめしておく、洗い物は紙でさっと拭き取り家で洗うなど毎回試行錯誤しています。 

②大人数でのキャンプは避ける

コロナ禍におけるキャンプとの付き合い方

もともと夫と2人で行くことが多いのですが、キャンプブームもありお誘いをいただくこともちらほら。とてもありがたいのですが、それぞれがテントを持ちソロキャンプの延長上で一緒に過ごすなど、程よい距離感で楽しめる場合を除いては、今は自粛中。 

大人数でいくことは密になるだけでなく、無意識に同じ鉄板をつついてしまったり……と、気にしすぎかもしれませんが、楽しいキャンプでなにかあったら悲しいのでもうしばらく我慢するつもりです。

もしどうしてもという場合は、テントだけは別、食事は必ず菜箸やトングを用意、常にマスク着用といった配慮が必要かなと思います。 

③携帯用除菌スプレー・マイハンドソープ

コロナ禍におけるキャンプとの付き合い方

ボトルに家用ハンドソープをいれてキャンプ場にも持って行っています

多くのキャンプ場で、ハンドソープの数が増えたなと実感しています(ありがたい!)。

といいつつも、皆がこまめに手洗いをするからこそ、空になっている場合が結構あるのでマイハンドソープはいまや必須アイテム。

コロナ禍におけるキャンプとの付き合い方

Aesopの「リンスフリーハンドウォッシュ」

そして、ハンドソープと一緒に必ず持っておきたいのがアルコールスプレーです。多くの場合、受付には備え付けられていますがそれ以外のところにはあまりないので、自分で持っていれば共有スペースを使ったあとにさっと使えて安心です。

イソップのハンドジェルは、ベタつかず手が潤うので、頻繁なアルコール除菌による乾燥に悩んでいる方におすすめです。 

(アルコールスプレーやアルコールジェルを塗った直後の手で火を扱うのはとても危険です。よく乾かしてから使うようにしましょう) 

キャンプは「安全に楽しく」遊ぶ

コロナ禍におけるキャンプとの付き合い方

もう、これに尽きるなあと思います。

今回は、自分で気をつけてる感染症対策にフォーカスしましたが、書いていてあまりに当たり前の事だらけだなと思いました。つい、気持ちが解放的になりキャンプ(外)だから大丈夫なんて思ってしまいますが、何かあったらキャンプ場にも迷惑がかかってしまいます。 

とはいえ、頭でっかちに考える必要はなく、日常で気をつけていることをキャンプでもきちんと守るだけのこと。安全に楽しく、良いキャンプライフを。

 

文・写真 / 山城さくら

PROFILE

山城さくら

地方で事務員として働いていたが、もっと好きなことに時間を使いたいと思い28歳で思い切って脱サラ。現在はフリーランスとして本業を決めず様々なジャンルにチャレンジしている。念願だった「憧れシティ東京」での暮らしをスタートさせつつ、週1のキャンプで都会暮らしと大自然を満喫中。

STAY HOMEを利用して、キャンプ道具の棚卸し

一覧へ戻る

軽くて強い、そしてスタイリッシュ ソロキャンで頼れる焚き火台「solo stove」

RECOMMENDおすすめの記事