キャンピングカーで行こう!

ちょっと複雑なキャンピングカー運転時の免許 これから取るなら「準中型」がオススメ

「普通免許しか持ってないから、こんな大きな車の運転は無理!」

キャンピングカーショーの会場や、キャンプ場で知り合った方からよく聞かれるコメントです。が、果たしてそれは本当でしょうか? 今回は、きちんと調べると意外と複雑な、キャンピングカーと運転免許の関係について解説します。

免許取得時期によって違う、運転可能区分

「キャンピングカーって、普通免許じゃ無理でしょ?」

そう聞かれたとき、以前なら「大きなトレーラーを除けば、ほとんどが普通免許で運転できますよ」と回答することもできました。

ところが、最近はそうもいかなくなってきたのです。運転免許証の取得時期を聞いてからでないと答えられなくなってきました。というのも、2007年6月2日と2017年3月12日を境目に、普通免許で運転できる車が変わったためです。

●中型免許の新設
2007年6月2日に改正道路交通法で新設されたのが中型免許です。貨物自動車による死亡事故件数増加への対策として、普通免許で運転できる車両の範囲を狭めたのです。

普通運転免許は従前は「車両総重量8t未満」でしたが、改正後は「車両総重量5t未満」に変わりました。そして、新たに中型免許が新設されたのです。中型免許は「車両総重量11t未満」です。

この日より前に普通免許を取得していた人は、車両総重量8t未満の中型車両を運転することができます。運転免許証の備考欄に「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されています。

この日以降に新たに普通免許を取得した人は、上記の改正後の普通免許となります。普通免許を取得した人が中型免許を取るには、次の条件を満たさねばなりません。

1.年齢20歳以上であること
2.普通免許保持期間が2年以上であること

つまり、20歳以上で普通免許取得から2年経ってはじめて、中型免許の受験資格が手に入るのです。

この改正で困ったのが運送業界です。免許を取ってから日の浅い、若い人を採用しても、5t未満の車しか運転することができません。結果的に、運送業の人手不足問題の一因となってしまいました。

●準中型免許の新設
そこで、2017年3月12日、車両総重量7.5t未満、取得可能年齢18歳以上で普通免許保持期間の定めがない、準中型免許が新設されました。

その一方で、普通免許で運転できるのは、車両総重量3.5t未満と、さらに範囲が限定的になりました。(※車両総重量の他に最大積載量、乗車定員の規定もありますが、さらに複雑になるので、ここでは説明は割愛します)

キャンピングカーにどう影響する?

さて、ややこしい仕組みになった、ということはお分かりいただけたでしょう。では、これをキャンピングカーに当てはめるとどうなるでしょうか。

まず各免許とも、全長・全幅といった車両の寸法については一切規定がありません。規定されているのは「車両総重量」と「最大積載量」「乗車定員」だけです。ここがポイントです。先ほど説明したように、キャンピングカーであれば車両総重量だけをチェックすればよい、ということになります。

軽キャンピングカーやバンコンは、普通免許でOKなのは誰が見てもわかることだと思います。免許が気になるのは、キャブコンやバスコン、欧米製の輸入車、トレーラーでしょう。

もし、あなたが2007年6月1日以前に普通免許を取得されたのであれば、自動的に車両総重量8tまでの車両が運転できる中型免許(8t限定)が付与されています。よほど特殊なキャンピングカー(海外製の超大型タイプとか)でない限り、車両総重量は8t未満ですので問題なく運転できます。

免許取得が2017年3月12日以降で、準中型免許を取得していない人の場合は、運転できるのは車両総重量3.5t未満の車両になります。さて、どのくらいのキャンピングカーが運転できるでしょう。事例を挙げて考えてみましょう。

下記の事例は、2017年3月12日以降に普通免許を取得した人を対象に解説します。

◆キャブコン
トヨタ・カムロード(1.25t積み)ベースのキャンピングカーは、普通免許で問題ありません。しかし、日本特種ボディー社のSHINOBIなど、ベースが2t車の場合、車両総重量が3.5tを超えてしまうので、準中型免許が必要になります。

ちょっと複雑なキャンピングカー運転時の免許 これから取るなら「準中型」がオススメ

トヨタ・カムロードベースのキャブコンなら、普通免許で運転OKだ(Photo : バンテック)

◆バスコン
ベース車両はマイクロバスです。どのメーカーのベース車両でも、車両総重量が3.5tを超えてしまうので、準中型免許が必要になります。

◆輸入車
ヨーロッパ製キャンピングカーはサイズ展開が実に多彩。車両総重量も3.5t未満の車と3.5t以上の車が混在しています。3.5t未満なら、免許取得時期にかかわらず普通免許で運転できるので心配無用です。3.5t以上の場合は準中型免許が必要になります。いずれにせよ、購入したい車の重量を販売店に確認することが大切です。

(※日本に輸入されているヨーロッパ車で、7.5tを超えるものはほぼありませんので、中型免許までは必要ありません)

ちょっと複雑なキャンピングカー運転時の免許 これから取るなら「準中型」がオススメ

ヨーロピアンは軽量に作られていて、3.5t未満の車両がほとんど(Photo : Dethleffs)

アメリカ製キャンピングカーは車両総重量3.5t超、5t超も珍しくありません。準中型免許、車両によっては中型免許が必要になります。

ちょっと複雑なキャンピングカー運転時の免許 これから取るなら「準中型」がオススメ

アメリカンでもフォード・トランジットベースなら準中型免許でOK(Photo : Thor motor coach)

◆トレーラー
免許に関して、おそらく一番誤解されているのがトレーラーです。トレーラーの車両総重量が750kg以下であれば、けん引免許は不要です。

現在キャンピングカーの購入を考えている方で、これから普通免許を取得しようという方は少ないでしょう。しかし、お子さんがそろそろ免許を取得する、というケースは多いと思います。キャンピングカーのあるご家庭で育ったお子さんが、自分もキャンピングカーに乗りたい、と考えるのも不思議はありませんよね。

もしこれから免許を取得するのであれば、できれば、準中型免許の取得をお勧めします。そうすれば、アメリカ製の大型キャンピングカー以外、ほとんどすべてのキャンピングカーが運転できるようになるのですから。

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹と妻ひとり。

・YouTubeチャンネル「キャンピングカー坊主めくり」開設!
https://www.youtube.com/channel/UCZzeJtgZFLR0yJLkr052kug

トレーラーけん引の必需品「ヒッチメンバー」 適切な選び方は?

一覧へ戻る

一歩間違えれば大事故に! 「社外品」パーツを価格だけで選ぶのは慎重に

RECOMMENDおすすめの記事