キャンピングカーで行こう!

争奪戦必至! 松坂屋の新春福袋にキャンピングカーが登場 お値打ちの特別仕様車 

新春の風物詩の一つ、福袋。近年はいわゆるお買い得タイプのものに加え、体験ものや、なかには「シンガー・ソングライターがオリジナルソングを作ってくれる権」なんていう変わり種も登場して話題を呼んでいます。そしてここ数年、福袋の中身として、なんとキャンピングカーが採用されるケースも散見されるようになりました。

(TOP画像:410万円のレクビィ・悠(HARUKA)。ナローボディーなので運転しやすく、程よいサイズ感だが、ハイルーフなので居住空間はゆったりしている=レクビィ提供)

創立410年記念に410万円のキャンピングカー

2021年福袋の一つにキャンピングカーを選んだデパートがあります。名古屋市に本拠を置く老舗デパート、松坂屋です。

親戚が名古屋にいる、うちのかみさんによれば、名古屋では最もステータスのある百貨店なのだそうで、2021年に創立410周年を迎えるといいます。
キリはあまりよくないですが、やはり節目の年。410という数字にちなんだ様々な福袋が企画されており、その一つにキャンピングカーが採用されたのです。

車両を提供するのは、同じ愛知県のビルダー、レクビィ社。企画そのものが、レクビィ社からの提案だったといいます。

争奪戦必至! 松坂屋の新春福袋にキャンピングカーが登場 お値打ちの特別仕様車 

820万円のレクビィ・雅(MIYABI)。ワイドボディーで居住空間はたっぷり、家庭用エアコンなど充実装備も充実した、魅力的な一台だ=レクビィ提供

キャンピングカー人気もすっかり定着する中、これまで以上に販路を広げる必要を感じていたところ、「そろそろキャンピングカーショー以外の場所で展示をして、お客さんからの評価を聞いてみたい」と、浮かんだアイデアでした。

「どうせなら地元で一番ステータスのある名店にしようと、ダメ元で松坂屋に提案してみたんです。すると予想以上にすんなりと応じていただけまして」(レクビィの増田浩一社長)

福袋にキャンピングカーを採用するのは初だという松坂屋の方は、どのように考えて、今回の企画に踏み切ったのでしょう。

「例年福袋を企画するにあたり、その年の時流に合ったものを選考しております。今年は密を避けて楽しめるアウトドアやキャンプが注目された年であり、また当店のお客様であるファミリー層にもぴったりの企画でしたので、キャンピングカーを採用させていただきました」。大丸松坂屋百貨店の広報担当、山田紀子さんは言います。

レクビィ・悠(HARUKA)のインテリア。レイアウトはベースモデルと同じながら、シックな色使いで高級感UP!=レクビィ提供

レクビィ・悠(HARUKA)のインテリア。レイアウトはベースモデルと同じながら、シックな色使いで高級感UP!=レクビィ提供

常々、キャンピングカーは「防災グッズ」としても優秀であるとお話ししていますが、図らずも今年はコロナ禍でアウトドアが大ブーム。時流をとらえるのがうまい百貨店らしく、消費者のニーズをしっかりつかんでいるようです。

一方、企画を持ち込んだレクビィ社は「知る人ぞ知るキャンピングカービルダー」からの脱却をはかりたい考え。情報発信の強化や社内開発における若手の起用など、さらなる飛躍に向けて新たな取り組みを推進中で、松坂屋への提案もその一環だったといいます。

「名古屋きっての名店、松坂屋に弊社の商品が並ぶことは、悲願でもありました。410周年という記念の年に、私たちのキャンピングカーも並べていただける。それだけの品質に達したのだと、社員一同自信を深めています」と増田社長は誇らしげです。

専用デザインと高級レザー、 特別仕様ながらお値打ち

さて、気になるのは、その福袋のキャンピングカーの仕様です。今回対象となるのは2種類のキャンピングカー。いずれもバンコンで、「レクビィ・悠(HARUKA)」と「レクビィ・雅(MIYABI)」と名付けられた福袋専用モデルが登場します。

「悠(HARUKA)」はトヨタ・ハイエースのナローボディー・ハイルーフをベースにした、普段使いしやすいサイズで人気のモデル「プラスLV Superior」をベースにしたもの。家具色やシート生地色を通常モデルとは違う専用デザインとしています。居室レイアウトは、広いラウンジを簡単にベッドに展開できるシンプルな仕様。二人でゆったり過ごすのに最適なレイアウトです。

レクビィ・雅(MIYABI)のインテリア。栃木レザーがふんだんに使われていて、まるで高級家具そのもの。シンクには茶道具などで知られる瀬戸の陶芸作家の作を採用するなど、細部にまでこだわりが光る=レクビィ提供

レクビィ・雅(MIYABI)のインテリア。栃木レザーがふんだんに使われていて、まるで高級家具そのもの。シンクには茶道具などで知られる瀬戸の陶芸作家の作を採用するなど、細部にまでこだわりが光る=レクビィ提供

410周年にちなんで税込み410万円(2WDガソリン車)で販売。使いやすさとデザイン性を兼ね備えた内容を考えると、かなりのバーゲンプライスといえそうです。

もう一方の「雅(MIYABI)」は、同社の看板モデルの一つ「カントリークラブ(Superior+A/C仕様)」(トヨタ・ハイエースのワイド・ハイルーフがベース)を基にしたもの。一部の家具色が変更されるほか、シートには高級品質の栃木レザー(国産牛革)を採用するなど、こだわった作りです。

家庭用エアコンも標準搭載し、FFヒーターや19インチTV、電子レンジなども装備。サブバッテリーにはリチウムイオンが使用されています。

争奪戦必至! 松坂屋の新春福袋にキャンピングカーが登場 お値打ちの特別仕様車 

「レクビィ・雅(MIYABI)」に使われる栃木レザー。通常は同社のフラッグシップモデルにしか使用されない最高級の国産皮革だ(画像提供:レクビィ)

こちらは410の2倍、税込み820万円(2WDガソリン車)で販売。高級レザーがふんだんに使われているところなど、スーパープレミアムモデルにふさわしい内容を考えると、こちらもかなりお買い得感があります。

この2モデルは「悠(HARUKA)」が1台、「雅(MIYABI)」が2台の限定。申し込み多数の場合は抽選になるとのこと。限定モデルであること自体、魅力的ですが、もう一つ大きなメリットがあるとすると、「即納」されるということでしょう。

ますます高まりを見せるキャンピングカー人気を受けて、今や新車は、どこのビルダーも1年待ちはザラという状態です。今回の福袋抽選は2021年1月3日に行われますが、2月上旬には納車可能とのことですから、早く手に入れたい人にとっては魅力的でしょう。

気になる実車は12月16(水)~21日(月)、松坂屋名古屋店に展示予定です。申し込みは松坂屋名古屋店のWebからのみ。受付期間は12月16日(水)~翌1月3日(日)。応募条件は「駐車場が確保できる方」のみなので、中京地区にお住まいでなくてもOKです。

来年こそは良い年に! レクビィ車を検討している方、バンコンを考えていた方は要チェックです。

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹と妻ひとり。

・YouTubeチャンネル「キャンピングカー坊主めくり」開設!
https://www.youtube.com/channel/UCZzeJtgZFLR0yJLkr052kug

自動車メーカーが造ったキャンピングカー 車中泊文化のすそ野広げる

一覧へ戻る

賢く使おう! レンタルキャンピングカー 車種増え料金もお手頃

RECOMMENDおすすめの記事