山城さくらのキャンプFM

今年はおうちでまったりお正月 ふもとっぱらキャンプ場の年越しキャンプを振り返る

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

お正月は、毎年恒例のふもとっぱらキャンプ場での年越しキャンプ……のはずでしたが、今年はおうちでまったり過ごしました。

2018-2019年の年越しキャンプ

2018~2019年の年越しキャンプ

例年通り、10月1日の予約受け付け開始日に電話をし、ふもとっぱらの強風に耐えられるテント(ポール)の準備や、薪ストーブを調整。そして年越しに食べようとカニまで冷凍庫にスタンバイしていましたが、2020年12月31日の天候(大寒波)やTwitterで現地の様子(強風)を見て、夫と朝4時半から会議をして、泣く泣く中止したというわけです。

ふもとっぱらキャンプ場(2019年撮影)

ふもとっぱらキャンプ場(2019年撮影)

ふもとっぱらキャンプ場での年越しは、もし今年も行けていたら4回目だったわけですが、思い返せばこれまでもいろいろなことがありました。

初めての年越しキャンプは、2015~2016年。友達と2人で、よく調べずに気持ちだけで決行しました。その年の秋にキャンプデビューしたばかりだったので、冬の装備なんてつゆ知らず。はたまた、限りなく愛知寄りの静岡で暮らしていた当時のわたしは、同じ静岡でも地形や標高の違う山梨側がそんなに寒いことも知らず(天気予報もろくに確認せずに……本当に危険……!)。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山城さくら(@skrninjin)がシェアした投稿

ほぼ秋の装備+大量のホッカイロで挑み、凍えながら、そして強風にあおられながら過ごした夜は一生忘れられないでしょう。起きたらおでんがカチカチに凍っていました。思い返せば思い返すほど本当に危険でした、事故がなくてよかった……。

今年はおうちでまったりお正月 ふもとっぱらキャンプ場の年越しキャンプを振り返る

2回目は、2018~2019年。当時はまだ恋人だった今の夫と、2人で初めての年越しキャンプ。焚(た)き火台を忘れ、近所のホームセンターで代替品を購入。

3回目は、2019~2020年。この日も強風にあおられ、当時使っていた細いポールのテントは設営直後に倒壊。まわりのキャンプ仲間に助けられながら泣く泣く回収し、藁(わら)にもすがる思いで受付へ問い合わせ。奇跡的にあいていた同キャンプ場のロッジに宿泊しぬくぬくこたつの中で過ごしました。

ふもとっぱらキャンプ場ロッジ(2020年撮影)

ふもとっぱらキャンプ場ロッジ(2020年撮影)

そして完全装備で迎えた4回目の挑戦、2020~2021年。

まさかの中止ではありましたが、安全第一を考えて判断できたことは、大事な経験になったのではないかなと思っています。とはいえ、楽しみにしていた年越しキャンプ。これは、自分たちを褒めてあげたい……!(特に夫は本当に楽しみにして、何カ月も前からせっせと準備をしてくれていたので)。それも盛大に!ということで年末年始はひたすらぬくぬくおいしい食事とお酒を楽しみました。

今年はおうちでまったりお正月 ふもとっぱらキャンプ場の年越しキャンプを振り返る

ここ数年、気がつけば月1、週1……とキャンプに行くことにもなれてきたわたしの生活。とても飽き性のわたしですが、それでもキャンプだけはゆるゆると楽しんできたなと思います。

最近では、キャンプという非日常の中で、日常とのバランスをとっている感覚があります。

今年はおうちでまったりお正月 ふもとっぱらキャンプ場の年越しキャンプを振り返る

知らず知らずのうちにパンパンに膨れ上がってしまっていた思考や、失ってしまう余裕を、大自然の中で時間をかけてほぐしていたんだなと気がついたのは、半年以上キャンプを自粛していた昨年のSTAY HOME期間でした。緊急事態宣言から少したった8月に、なんとなく元気をなくしてしまった心を癒やすべく、駆け込んだのは病院ではなく、山・川・森! 体いっぱいに吸い込む土や植物の匂いも、時間とともに変化する空の美しさに感動することも、季節を全身で浴びる時間も、外ではしゃぎ走り回ることも、文明にさからってわざわざ不便なことをすることも、すべてが“日常”とバランスをとる上で必要なことだと再認識しました。

今年はおうちでまったりお正月 ふもとっぱらキャンプ場の年越しキャンプを振り返る

まだまだ今でも状況が落ち着いているとは言えませんが、意識的に大自然の中でゆっくりする時間をつくる、仕事以外のことに夢中になる時間をつくるということは今年も大切にしていきたいなと思っています。そして、今年こそ年越しキャンプを成功させたい……ぞ……!!

今年はおうちでまったりお正月 ふもとっぱらキャンプ場の年越しキャンプを振り返る

2021年も、安全第一で良きキャンプライフを。

(文・写真 山城さくら)

PROFILE

山城さくら

地方で事務員として働いていたが、もっと好きなことに時間を使いたいと思い28歳で思い切って脱サラ。現在はフリーランスとして本業を決めず様々なジャンルにチャレンジしている。念願だった「憧れシティ東京」での暮らしをスタートさせつつ、週1のキャンプで都会暮らしと大自然を満喫中。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事