クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアルPR

スイスの老舗時計ブランド「オメガ」は、クロノグラフの世界的なロングセラー「スピードマスター ムーンウォッチ」をリニューアルした。強力な耐磁性を備えたムーブメントを搭載した新モデルは、伝統的なデザインとテクノロジーを融合。かつてNASAの月面着陸の同伴者として歴史的瞬間に立ち会った「ムーンウォッチ」にふさわしい、たたずまいと品格を備えている。

1月21日から直営ブティックで発売された新モデルは「スピードマスター ムーンウォッチ  マスター クロノメーター」。

クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアル

高精度を保つムーブメント

最大の特徴は、ムーブメントにある。採用されたのは、オメガ独自のコーアクシャル脱進機などを備えた「キャリバー3861」。機械式腕時計にとって磁気は精度不良の要因になる可能性があるが、1万5千ガウスの耐磁性があり、スイス連邦計量・認定局(METAS)の「マスター クロノメーター」の認定を取得している。高精度の時計を長く愛用してもらうために、技術革新を続けるオメガの真摯(しんし)な姿勢があらわれている。

新モデルは、1969年に人類が初めて月面に降り立ったときに装着されていたスピードマスターの「第4世代」のスタイルから着想を得ており、伝統的なデザインを受け継いでいる。

ディテールに目を向けると、アルミニウム製ベゼルリング上は「ドット・オーバー90」(90の数字の斜め上にドットがつく)と、「ドット・ダイアゴナル・トゥ70」(70の数字の斜め下にドットがつく)のデザインが採用されている。

ミニッツスケールの刻みは、ムーブメントの振動数に合わせて、秒の目盛りを従来の1/5秒刻みから1/3秒に変更した。精度にこだわるオメガブランドの姿勢が伝わってくる。ケースは42㎜。パワーリザーブは50時間。防水性は50m。

進化したブレスレット

リニューアルで注目したいのが、ブレスレット。1列が5つのアーチ形のリンクから構成された、ブラッシュ仕上げのシームレスなブレスレットを新しく採用している。従来よりも滑らかなフィット感を実現したという。ブレスレットのクラスプ(留め金具)は、サテン加工を施した表面に、ポリッシュ加工をしたオメガのロゴを配したデザインになっている。

クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアル

「ステンレススティールモデル」の風防は、ヘサライトガラスとサファイアクリスタルの2種類から選べる。ヘサライトガラスのケースバックには、シーホースの刻印を施している。サファイアクリスタルは、シースルーケースバックだ。

その優れた性能、デザイン、歴史から、腕時計のレジェンドとして知られる「ムーンウォッチ」。その最新作は、ビジネスシーンでも、プライベートでも、大活躍してくれる逸品だ。

クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアル

ブレスレットで風防がサファイアクリスタル。847,000円(税込)

クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアル

レザーストラップで風防がサファイアクリスタル。 803,000円(税込)

クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアル

ブレスレットで風防がヘサライトガラス。737,000円(税込)

クロノグラフのレジェンド オメガのスピードマスター 進化したムーブメントを搭載してリニューアル

ナイロンファブリックストラップで風防がヘサライトガラス。704,000円(税込)

 

オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ  マスター クロノメーター」公式HP:https://www.omegawatches.jp/ja/watches/speedmaster/moonwatch-professional/product

「僕らは表現が驚くほどうまいアーティストとは別の道を歩む」HONEBONEが選ぶ愛の5曲

TOPへ戻る

日本はどこで誤り、戦争への道を進んだのか この国の意思決定能力の不全と「無責任の体系」を問う 劇団チョコレートケーキの新作『帰還不能点』

RECOMMENDおすすめの記事