小川フミオのモーターカー

シャープなウェッジシェイプと軽快な走りが印象に残る 3代目トヨタ・セリカ

1970年に初代が発売されて、99年に出た7代目が2016年まで作られていた「トヨタ・セリカ」。最初のころは、スタイリッシュなクーペに憧れる若者のニーズに応えるマーケット主導型だった。80年代なかばを過ぎると、ラリー選手権参戦などトヨタのスポーティーなイメージを担うように。

(TOP写真:トヨタ・セリカ。クーペといわれたノッチバック版)

今回とりあげるのは、81年に発表された3代目。こちらは北米で成功したモデルだ。2代目はやわらかな線で構成されたスタイリングだったのに対して、直線定規を使ったようなウェッジシェイプ(くさび形)のボディーと、点灯すると起き上がるように動く独特のデザインのヘッドランプ(ライズアップなどとも呼ばれた)が印象に残る。

同時期に出たセリカXXとスタイリングは近いLB(リフトバック)

同時期に出たセリカXXとスタイリングは近いLB(リフトバック)

セリカにとって重要な市場だった北米でも、ここまでシャープなイメージのコンパクトクーペはなく、デザイン的に際立っていたと思う。ファストバックとノッチバックとボディーは2種類あり、個人的にはノッチバックの、すっとリアが長いスタイルがカッコいいなあと思ったものだ。

この3代目において、セリカはサスペンション形式が前後独立懸架方式に、ステアリング形式はダイレクトなフィールのラック&ピニオン式へと、ぐっと現代的な内容になった。これも特徴だ。

当時のトヨタのスペシャルティーカーはデジタルメーター

当時のトヨタのスペシャルティーカーはデジタルメーター

2.8リッター6気筒エンジン搭載の兄貴分「セリカXX(ダブルエックス)」と同時に発表されたため、強烈さにおいて、こちらのセリカは分が悪かった。それも事実である。セリカの最大排気量は2リッターだったし、そもそも迫力負けという感じがあった。

ファストバックのスタイルは、セリカもセリカXXも写真でみるかぎりほとんど同一。しかし実車では、全長で225ミリぶんの差があったし、後者は派手な格納式ヘッドランプをそなえていた。操縦性に影響するトレッド(左右輪の幅)も大きく違っていた。

クーペ2000GTにはデザイン性も高いハイバックシートが備わっていた

クーペ2000GTにはデザイン性も高いハイバックシートが備わっていた

ただし、短いボディーと1トン少々しかない軽量ボディーは、軽快な走りをもたらす。これがセリカの長所といえる。途中で1.8リッターDOHCターボエンジンが追加されたりと、スポーツ性は増していった。84年から世界ラリー選手権サファリラリー3連覇を達成し、その実力を見せてくれたのである。

ファンである私が当時持っていた不満としては、83年8月のマイナーチェンジで、フロントマスクのデザインが変更されたことがあげられる。ヘッドランプがそれまでは(ポルシェ928のように)むきだしのものが起き上がる形式だったのを改め、85年の4代目を先取りする格納式になったのだ。

この代から1.8リッターは「レーザーユニット」と称された新世代になった

この代から1.8リッターは「レーザーユニット」と称された新世代になった

理由は、当初のデザインがあまり好まれなかったためだとか。でも初期のヘッドランプが個性を生んでいたので、おかげで今でもすぐ3代目セリカが思い出せるのも事実。ここはマーケット主導型でない方がよかった。

(写真=トヨタ自動車提供)

【スペックス】
車名 トヨタ・セリカクーペ1800ST
全長×全幅×全高 4435×1665×1310mm
1832cc直列4気筒 後輪駆動
最高出力 100ps@5400rpm
最大トルク 15.5kgm@3400rpm

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

大きな車輪に低いノーズのミドシップカー シンプルに速そうに見えたデトマゾ・パンテーラ

一覧へ戻る

自然と体になじむ、モビリティーの新世代 マツダMX-30 EVモデル

RECOMMENDおすすめの記事