銀座・由美ママ 男の粋は心意気

適度な距離感を保ちつつも、飾らない素直な自分を開示できる人

  • 文 伊藤由美
  • 2017年5月11日

  

  • 銀座「クラブ由美」オーナーママ・伊藤由美

[PR]

 相手が思いきって胸の内を打ち明けてくれると、こちらも自分のことを打ち明けやすくなる。相手が心を開いてプライベートな話をしてくれたことがうれしくて、自分のことも話したくなる。そんな経験をお持ちの方も多いかと思います。

 相手に自分の思いや経験、考え方、価値観などを打ち明ける、その行為を「自己開示」といいますよね。そして、人は自分のことを打ち明けてくれる人に好意を持つのだとか。「心を開いてくれている」と感じて、親近感が増すのでしょう。

 逆に、人の話は聞きたがるけれど、自分のことは話さない人もいます。そういうタイプの人は「何を考えているのかわからない」「本音がわからない」という印象を持たれることが多く、不信感や不安感、警戒心などを持たれてしまいがちです。

 「クラブ由美」のお客さまにも、さりげなく自然に、こうした自己開示をされる“オープンマインド”な方々がいらっしゃいます。その方のテーブルは会話が盛り上がり、アットホームな雰囲気に包まれています。そして、総じてビジネスやプライベートの別なく、広くて豊かな人間関係を構築されているのですね。

 例えば若手の部下が上司と飲みに行ったとき、上司から「この前、ちょっとしたことでウチのヤツ(奥さん)とケンカしてさ、ここしばらく口を利いてないんだよ。しかしまあ、男ってこういうとき、ついつい意地を張っちゃうんだよな。そんな経験ないか?」といったプライベートな話がポロリと出てくると、上司と部下という壁を越えて人間同士としての親しみが湧いてくるもの。そして「へえ、○○さんでもそうなんですか。わかります、その気持ち。男ってそうですよね」と打ち解けて、若手も自分のことを聞いてほしくなるものです。

 ただし、ここで注意すべきは、自分のことばかりを話す人になってはいけないということです。相手が話している途中に割り込んでまで自分の話をするのは自己開示、オープンマインドといえませんよね。そうそう、オレも……。違う違う、オレなら……。いやいや、オレの場合は……。その先に出てくるのは、心を開いたプライベートな話というよりも、自慢話と相場は決まっています。本当の意味で自己開示ができる人、心を開いて打ち明け話ができる人は、自分の話を呼び水にして相手の話を聞きたい、相手と会話をしたいと思っています。意識は常に相手にある。自分の話だけを聞いてほしいわけではないのですね。

 適度な距離感を保ちつつも、飾らない素直な自分を開示できる。程度をわきまえつつも、相手に対して心を開くことができる。コミュニケーションに対するそうした姿勢もまた、上からは認められ、下からは慕われるような“大人の粋”なのではないでしょうか。

 次回は5月25日の配信を予定しています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!