銀座・由美ママ 男の粋は心意気

誰とでも世代を超えた関係性が築ける人こそ“真の粋人”

  • 文 伊藤由美
  • 2017年6月8日

  

  • 銀座「クラブ由美」オーナーママ・伊藤由美

[PR]

 「今の若いヤツは……」「オレが若い頃は……」。こんな言葉が口癖になっている上司や先輩がいますよね。職場に限らず、世の中全般的なお決まりのフレーズでしょう。あまり自覚症状がないようで、つい口に出してしまう条件反射なのかもしれません。かつては50~60代以上の世代の常套句(じょうとうく)だったと思いますが、最近は30代の若者世代でも使われているような気がします。私などに言わせれば「あなただって、今の若い人でしょ」なのですが……。

 ちなみに若者への嘆き節は、今に始まったことではないようです。古代エジプトやローマの遺跡などにも「最近の若者は……」の壁面文字があったという話を聞いたことがあります。どれほど時代が移り変わろうとも、世代間での様々なギャップは生まれるものなのだと、妙に納得したのを覚えています。

 「オレが若い頃、仕事は先輩を見て自分で覚えたものだ。それを今の若い連中はイチから言わなきゃ動かない」。そして、その言葉の後には「だから、お前らもそうしろよ」というひと言が隠されているのは言うまでもありません。会合の席で、若い新人相手に上司が話している光景が目に浮かんできます。

 確かに、上司の言うことにも一理あります。本人はそうした若い時代を過ごすことで、仕事に打ち込んできたのかもしれません。でも、それはあくまでその人の生き方であり、価値観なのですね。人にはそれぞれ生きてきた環境があり、背景があります。そこから個性や個々の価値観が生まれてくるのです。そう考えれば、自分の価値観をそのまま他人に当てはめて押し付けるのは無理がありますよね。まさに無粋なのです。

 ただし、これはそのまま若い世代にも言えること。上司や先輩たちの価値観を「古い」「時代に合わない」と決め付けてしまうのもまた、無粋でしょう。「自分の世代が正しくて、相手の世代は間違っている」という、その価値観自体がいかがなものでしょうか。

 世代や生きてきた時代、培われた価値観は違っても、人から教えられ、学ばされ、気付かされることはたくさんあります。違う環境や世代から生まれた価値観を頭から否定せず、自分の価値観だけを押し付けず、バリアフリーにして人と向き合う。誰とでも世代を超えたそんな関係性を築ける人こそ“真の粋人”だと思います。

 次回は6月22日の配信を予定しています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!