銀座・由美ママ 男の粋は心意気

自分自身で動くからこそ、その経験には学びがあり成長がある

  • 文 伊藤由美
  • 2017年7月6日

  

  • 銀座「クラブ由美」オーナーママ・伊藤由美

[PR]

 仕事だけではなく、何事においても共通するのですが、何でも人にやってもらうことが平気な人がいます。言葉を変えれば、人に頼りきりな人です。以前に「クラブ由美」で働いていた女の子から「あとはよろしく系」の女友達の話を聞いたことがあります。

 例えば、彼女がその友達から「映画を観(み)に行こうよ」と誘われて「いいよ」と答えたとします。すると、その友達は「私、よく知らないから、おもしろそうな映画調べてみて。映画館もどこがいいか調べておいてくれる?」と言って、彼女に丸投げ。それはお茶や食事などでも、一事が万事なのですね。

 彼女が「私はどんな映画でもいいから、あなたに任せるわ」と言うと、面倒なのか「じゃあ、いいや」となるのです。「仕方ないから、私が全部決めて連絡してあげると『サンキュー、やっぱ頼りになるわ』って。私のこと、コンシェルジュと思っているのかしら」と呆(あき)れていました。

 自分で動かず、人に頼るばかり。申し訳なさそうにしたり、できない理由を説明するならまだしも、当たり前のように「じゃあ、やってよ」。これでは、周囲の視線も冷たくなってきます。でも、当人がその視線の冷たさに気づいていないこともよくあるケースでしょう。

 何でも頼りきりの人といえば……。仕事がデキない人には「恥をかかない、汗をかかない、動かない」という共通点があるというのが、銀座で多くのビジネスマンを見てきた私の持論で、そういう人を「3かない人間」と呼んでいます。

 例えば、仕事で何かわからないことがあったら、すぐに誰かを頼る人。わからないから人に聞くのがなぜ悪い? という意見もあるかもしれませんが、もちろん疑問を解決するのは大切なことです。困ったときやわからないとき、誰かにヘルプを求めれば解決が早くなる場合もあるでしょう。ただ、そのような人は、調べればわかるようなことでも自分で調べず、考えればわかるようなことでも自分で考えず、すぐに人に聞くという傾向が強いように思えるのです。まず、可能な限り自分の力で調べてみる。自分の頭で考えてみる。それでもわからなければ、そこで初めて人を頼って教えてもらえばいいのです。

 結果だけを得たところで、そこからは何も学べません。自分自身で動くからこそ、その経験には学びがあり成長があるのですよね。

 次回は7月20日の配信を予定しています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns