銀座・由美ママ 男の粋は心意気

<最終回>誰からも素直に教えを乞うことができる謙虚な姿勢

  • 文 伊藤由美
  • 2017年9月7日

  

  • 銀座「クラブ由美」オーナーママ・伊藤由美

[PR]

 職場の部下や年下の人から、教えを乞うことがありますか? パソコン、スマートフォンの使用方法・設定の仕方や、最近話題になっていることなど。自分が知らないという状況は、往々にしてあります。

 そんなとき、とくに仕事で経験を積み、実績を残している人ほど「人に聞く」ことに気が引けてしまうもの。「若い人に教えてもらうなんて」というメンツや「今更こんなことを聞くのは恥ずかしい」という自尊心が邪魔をして、素直に「教えて」と言いづらいのです。でも、わからないことを聞くのは、恥ずかしいことでも、プライドが傷つくようなことでもないですよね。

 先日、お客さまからお聞きしました。仕事で成功を収め、確固たる地位を築かれた高名なある経営者のことです。その方は偉くなられても「頭を下げて教えを乞う素直な心」、いくつになられても「知らないことを学ぼうとする姿勢」をお持ちの素敵な“粋人”と知り、感銘を受けました。

 「下問を恥じず」という言葉があります。これは『論語』にある一節ですが、下問とは「自分より立場や地位、年齢の低い人にものを尋ねること」を言います。つまり「自分が知らないこと、わからないことは、プライドや体面などを気にせず、立場や年齢が下の人にも素直に聞けばいい。教えを乞うてみればいい」ということ。日本にも「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがありますよね。大切なのは誰からも学ぼうとする姿勢、素直に教えを乞うことができる謙虚な姿勢なのです。

 さて、この連載コラムですが、今回が最終回になります。これまでさまざまな角度から「大人の粋な立ち居振る舞い」とはどういうものか、私なりの考えを記してきました。そもそも粋とは何なのか。私はこう考えます。粋とは、元来は「意気」という言葉に由来しています。ならば、粋とは見た目や所作のスマートさだけを指すのではなく、根源的な「心のあり方」のことなのではないかと。

 常に相手のことを慮(おもんぱか)り、周囲への心配りができる。そうした相手本位の心のあり方、心意気こそが、粋だと思うのです。その心意気次第で、誰もが粋人になることができるはず。私も粋人に近づくために、自分の心を磨いていきたいと思います。ご愛読いただきまして、ありがとうございました。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns