キャンピングカーで行こう!

リアダブルタイヤのカムロードがベース車デビュー!

  • 文 渡部竜生
  • 2017年9月21日

「なんとか間に合わせました」の言葉通り、デカールもない真っ白なボディーで登場した“アンソニー”(AtoZ)

 本格的装備のキャブコン(専用のキャビン付きシャシーに居室部分のボディーを架装した車両)に新型車両が登場! 今回特に私が注目したのは、そのベース車両でした。おなじみ、トヨタ・カムロードにリア・ダブルタイヤタイプが登場したのです。

AtoZ社の“アンソニー”

 先日、川崎競馬場(神奈川県)で開催された神奈川キャンピングカーショーで、AtoZ社の新型キャブコン、“アンソニー”がデビューしました。

 同社のキャブコンのラインアップは、ここしばらくマツダ・ボンゴベースのアミティ、トヨタ・タウンエースベースのアレンなど、コンパクトキャブコンだけでしたのでトヨタ・カムロードをベースにした今回の新作は「もう少し大きい方が……」と感じていた方には、朗報です。

 バンクベッドとリア常設2段ベッド、ダイネット(ダイニングスペース)にマルチルームと、ごく一般的で非常にオーソドックスなレイアウト。アミティシリーズと同様、インテリアコーディネーターが参加した内装は明るい雰囲気です。展示された車両はできたてのほやほやで、デカール類(ロゴなど装飾用シール)は間に合っていない状態でした。家庭用エアコンなどオプション類の設定を含め細部の調整はまだこれからとのこと。

バンクベッドは大人3人が就寝可能な広さ。使い勝手のよさはそのままに、耐荷重アップはうれしい限り

リアには2段ベッドとマルチルームが。ライトグリーンのカーテンがアクセントになった明るい室内

 しかし、何と言っても注目点は、ベース車両。リアがダブルタイヤなのです。「耐荷重にもう少し余裕があれば……」という声に応える形で、昨年12月、トヨタ・カムロードにモデル追加されたのがダブルタイヤ仕様。いよいよそれに架装をほどこした商品が出始めた、というわけです。リアがダブルタイヤに変わっただけとはいえ、タイヤハウスの位置も大きさも変わりますから、架装部分の設計には大きな変更が生じます。モデル追加から商品化まで、9カ月かかるのも無理もありません。

耐荷重の余裕が倍増!

 さて、カムロードの元になっているのはトヨタの小型トラック「ダイナ」。シングルタイヤ仕様のダイナが1.25t積みベースだったのに対し、ダブルタイヤ仕様は1.5t積みがベースになっています(ダイナにはもともとダブルタイヤ仕様があります)。

 エンジンはシングルタイヤと同じ2000ccガソリンエンジン、3000ccターボディーゼルエンジンの2種類が用意されていますが、残念ながら4WDの設定はありません。

 タイヤのスペックは
・シングルタイヤ仕様は前後195/70R15で耐荷重は950kg(空気圧600kPa時)
・ダブルタイヤ仕様は前輪175/75R15で耐荷重875kg(空気圧600kPa時)、後輪145R13-8PRで耐荷重525kg(空気圧450kPa時)
となっています。さらに後輪にはオプションで165R13-6PR耐荷重560kg(空気圧350kPa時)も用意されているとのこと。従来、カムロードベースのキャブコンには、リアの耐荷重を心配する声が多かったので、この余裕は魅力的です。

トヨタ・カムロードの追加モデル。最大の特徴はリアのダブルタイヤだ

 では、このベース車両を採用するクルマが続々出るかと言うと、実はなかなか難しそうです。シングルタイヤ仕様のカムロードは、リアのトレッド(左右タイヤ間の距離)が標準から25cm広げられていましたが、ダブルタイヤ仕様では標準のままです。

 そのため、前の項目にも書きましたが、ワイドトレッド用に設計された既存のシェルをそのまま載せることはできません。

 また、シングルタイヤ車のリアスプリングはキャンピングカー専用の物が設定されていますが、ダブルタイヤ車は元になったトラックと同じ物を使っているため、軽量な車種だと、乗り心地が悪くなる心配もあります。つまり、ダブルタイヤ車をキャンピングカーの生産ベースに乗せるには、シェル部分の設計変更、足回りの再確認など、処理せねばならない課題がたくさんある、ということ。

 ビルダーの中には「現行車両は重量を含め、シングルタイヤ仕様で設計しているので、いまのところダブルタイヤ仕様に切り替える予定はありません」というところもあります。

[PR]

 とはいえ、選択肢が増えるのは喜ばしいこと。今後の新型車両デビュー時にはぜひ注目したい点です。ぜひベース車両にも関心を向けて、より自分の走り方や遊び方にかなったものを選ぶのが、充実したキャンピングカーライフの第一歩といえるのではないでしょうか。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!