街中で夜通し芸術のお祭り 東京・六本木で「アートナイト」

  • 2017年10月1日

蜷川実花さんが演出したオープニングアクト「TOKYO道中」(画像は六本木アートナイト実行委員会提供)

 東京・六本木の街を舞台に、現代アートや音楽、パフォーマンスを夜を徹して楽しむイベント「六本木アートナイト2017」が9月30日夕から始まった。今年のテーマは「未来ノマツリ」で、街角に芸術作品が置かれ、パフォーマーが歩く非日常的な光景を見に多くの人が訪れた。イベントが重なる“コアタイム”は10月1日の日の出までだが、1日18時まで展示は続けられる。

マルチメディア・デザイン・スタジオ「エネス」の作品『ソニック・ライト・バブル』

 今回のメインプログラム・アーティストは、写真家で映画監督の蜷川実花さんが務め、「TOKYO Followers 1」と題して、六本木ヒルズアリーナや東京ミッドタウン、国立新美術館をつなぐインスタレーションを展示。独特な鮮やかな色彩が用いされた作品がフォトスポットとなっている。

 実行委員会によると、今回は参加者に積極的に写真を撮ってSNSで発信してもらい、自らも「創る人」側になってもらう狙いがあるそうだ。実際に、各種の展示とパフォーマンスが始まった30日の日没後には、たくさんの人たちがそれぞれの作品の前で盛んにスマートフォンをかざし、作品と一緒に自撮りする姿があちこちで見られた。

『国立奥多摩美術館 24時間人間時計~アジア編~』

 そのほかにも、オーストラリアのマルチメディア・デザイン・スタジオ「エネス」は、『ソニック・ライト・バブル』と題したインスタレーションを出展。六本木ヒルズ敷地内の屋外に、触れると光や振動が変化する不思議な半球のバルーンが登場して、だれでも自由に触れて遊べるようになっていた。

毛利庭園に展開された大型インスタレーション。フェリックス・バコロールの『荒れそうな空模様』

 六本木通りに面した歩道では、アーティスト・コレクティブの「国立奥多摩美術館」が『24時間人間時計~アジア編~』と題して、背広や作業服姿のパフォーマーが、時、分、秒それぞれを表す時計の針となって24時間時を刻み続けるパフォーマンスに挑戦した。腕を上げたままじっと耐える“時計”たちの姿も人気だった。

『How to build the IDEAL WORLD』と題して、参加型ライブ・ペインティングをする石井七歩さん

 現代アーティストの石井七歩さんは、壁にかけた大きなキャンバスの上に、家、ビル群、フラクタルなど限られたパターンを書き重ねて、大都市を描くライブ・ペインティングを実演していた。観客が次に何を描くか指示できる参加型で、精緻(せいち)な筆遣いで繊細な都市が描かれていく様に、感嘆の声があがっていた。

 これらに加え、各美術館での展示や、屋外でのイベントが多数企画されており、期間中に計78のプログラムが行われる予定だ。

(取材・文 &M編集部)

【パノラマ写真】六本木アートナイト2017=高橋敦撮影

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!