【読者プレゼント】話題のAIスマートスピーカー「グーグルホーム」「アマゾンエコー」を3名様に!

  • 『&M』読者アンケート
  • 2018年3月9日

 朝日新聞デジタルのWebマガジン『&M』は、創刊5周年を記念して、読者の皆様に、いま話題を呼んでいる品々をプレゼントします。

 記事に関するアンケートにお答えいただいた方々の中から、抽選で以下の賞品を3名の方にお贈りします。

 ぜひふるってご応募ください。

 応募はこちらのページから。

 締め切りは4月8日です。

Amazon Echo (Newモデル) チャコール、ファブリック(1名)

税込み11,980円。※この商品は朝日新聞社がプレゼントするもので、Amazonが提供するものではありません

 「Alexa(アレクサ)」と呼びかけるだけで、音楽の再生や天気やニュースの読み上げ、ネット接続された家電製品の音声操作ができるスマートスピーカー。

 頭脳であるAlexaは、会話を重ねるほど、持ち主の話し方や好みを学び、語彙(ごい)も増えて賢くなっていくそう。

 360度スピーカーから音楽が流れている最中でも、雑音があっても、七つのマイクがきちんと声を聞き取って指示を実行してくれるはず。

 どのように使うのか、アイデア次第で、暮らしがどんどん便利になりそうな製品です。現在は招待者のみを対象に販売されています。

Google Home(2名)

税込み15,120円。※この商品は朝日新聞社がプレゼントするもので、Googleが提供するものではありません/(C) Google

 高度な音声解読技術を備え、日本語にも強い会話型AI「Googleアシスタント」を搭載するスマートスピーカー「Google Home」。「翻訳」「マップ」などグーグル系の各種サービスと連携していることも大きな特徴です。

 暮らしを彩るエンターテインメントも豊富に。「ChromeCast」を使えば「YouTube」や「NET FLIX」などがテレビ画面で視聴可能。

[PR]

 音楽サービスは、無料の「Spotify Free」や、楽曲のアップロードが可能な「Google Play Music」など4つのプランが用意されています。

 さらに、この先、音声コマンドで操作可能なスマート家電やサービスがどんどん増えていくそう。スマートホームハブとしても期待されています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns