「音楽の優しさ、そして強さを教えてくれる」、H ZETT Mが選ぶ愛にまつわる曲たち

  • THE ONE I LOVE
  • 2018年4月6日

 こんな時代だからこそ、愛を聴きませんか、語りませんか――。&M編集部がセレクトした“愛”にまつわる楽曲を紹介する連載「THE ONE I LOVE」。今回は、3月7日にニューアルバム「Mysterious Superheroes」を発表したユニット・H ZETTRIOから青鼻のピアニスト・H ZETT Mが選曲を担当。彼が選ぶ“愛”にまつわる5曲とは?

  

<セレクト曲>

・Tony Bennett & k.d. lang 「I'm Confessin" (That I Love You)」
・Marlena Shaw「Feel Like Makin’ Love」
・Brandon Coleman「Gotta Be Me」
・Julie Dexter「Wave (feat. Khari Simmons and Alex Lattimore)」
・H ZETT M「あしたのワルツ」

 

■Tony Bennett & k.d. lang 「I'm Confessin" (That I Love You)」

(H ZETT Mさんコメント)

 今世紀最高のシンガーとも言われるトニー・ベネットですが、その語りかけるような優しい歌声は正に“LOVE”と言っていいのではないでしょうか。瞬時に空間に馴染み、そして静かになめらかにその場の空気を変えます。音楽の優しさ、そして強さを教えてくれます。部屋でかけるととてもいい雰囲気になりますよ。このアルバムで共演しているk.d.ラングも素晴らしい声です。

 

■Marlena Shaw「Feel Like Makin’ Love」

(H ZETT Mさんコメント)

 「WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?」という名盤からの「Feel Like Makin’ Love」、邦題は「愛のためいき」という名曲をスイートであり時にファンキーでもあるマリーナ・ショウが歌っています。柔らかく包まれるといった感じの甘くそして大人の魅力たっぷりといった感じの曲です。心地よいテンポ感ですね。ずっと聞いていたい魅力があります。

 

■Brandon Coleman「Gotta Be Me」

(H ZETT Mさんコメント)

 LAの鍵盤奏者のブランドン・コールマンの「Self Taught」というアルバムの中からです。ジャズを基本としながらも80年代のポップスの感じもしてこれまたハッピーで心地よいサウンドです。自然と笑顔になるようなそんな感じもして、且つ洒落た雰囲気で、好きな曲です。そして大人の余裕が感じられる所が最高です。素晴らしいと思います。

 

■Julie Dexter「Wave (feat. Khari Simmons and Alex Lattimore)」

(H ZETT Mさんコメント)

 ブラジル音楽を代表する作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンの作った曲です。ボサノバはとてもいいですね。和音も洒落ていますしそのリズムの心地よさにはまると抜け出せなくなるくらい魅力があるものだと思います。この曲はゆっくりした時間が流れていて安らぎを感じます。綺麗なメロディですね。こういった長く聴き継がれる音楽を作り出したいと思いますね。

 

■H ZETT M「あしたのワルツ」

(H ZETT Mさんコメント)

 H ZETT Mという青い鼻をしたピアノを弾いている人の「共鳴する音楽」というアルバムに収録されている「あしたのワルツ」という曲なのですが(エイチゼットリオVer.もあります。)身近に寄り添ってくれる音楽、というような所を目指しました。メロディで一つの物語、ポイントとしては大きな物語ではなく小さな物語、というニュアンスです。いい明日になりますように。

  

<H ZETTRIO Profile>

 青鼻のH ZETT M(Piano)、赤鼻のH ZETT NIRE(Bass)、銀鼻のH ZETT KOU(Drums)によるトリオ。2014年にスイスの「Montreux Jazz Festival」に出演したことを機に国内外の大型フェスに多数出演し、注目を集める。2018年3月にリリースした最新アルバム「Mysterious Superheroes」を含めてこれまでに4作のスタジオアルバムと3作のライブアルバムを発表している。今後だが、3年目となる5月5日のこどもの日に東京・練馬区立練馬文化センター 大ホールで開催するスペシャルライブ「Mysterious Superheroes TOUR ~こどもの日 Special~」を皮切りに「Mysterious Superheroes Tour 2018 〜濃縮還元遊戯舞台〜」で全国を回る予定になっている。

H ZETT M Official HomePage
http://www.worldapart.co.jp/hzettm/

 

■&M presents THE ONE I LOVE selected by H ZETT M

(企画制作・たしざん)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns