密買東京~遭遇する楽しみ

親子の気持ちをつなげるつり革「こわっか」

  • 2018年4月5日

いつも見慣れた、あの形をしたプロダクト

 どこかで見たこのカタチ。そう、いつも使っているあのカタチ。

 だけど、かわいらしいこのサイズ。

 子どもの高さにも、つり革があったらいいのに。そんな思いをきっかけに作られたのが、この「こわっか」です

 でも、ただ子ども用というだけではありません。

 お子さんとお父さんお母さんの気持ちが離れないように、そっと結んでいてくれる、そんなわっかになってくれるプロダクトなのです。

つかまって! 小さな手でにぎるのにちょうど良いサイズに作られています(写真提供・コド・モノ・コト)

 一目見たその瞬間、目に浮かんだのです。ちっちゃな手で、ギュッとにぎりしめる。そんな光景。

 白木のわっかに、革のベルト。素材こそ違うけれど、いつも見慣れたこのカタチは、そう、つり革です。

 いつも手にしているあのつり革と、ちょっと違うのは、素材だけじゃなく、その大きさも。かわいらしい子どもサイズ。子ども用のつり革なのです。

つり革は憧れの存在でした。早く届くようになりたかった

 「つかまりたい!」

 小さいころ、憧れました。早くオトナになって、あのつり革につかまりたい!

 つり革といえば、まず思いつくのは電車です。でもこのこわっかの出番は、電車だけではないのです。

 「つかまって!」

 お母さんの手が荷物でいっぱいのとき。揺れる電車はもちろんのこと、買い物の帰り道など、「ちょっと手がいっぱいだけど、ちゃんとつかまっててね!」というときに。

 「つながっていたい!」

 外だけじゃなく、家の中でも、かまってほしいときはあるものです。例えば夕飯の準備の真っ最中。包丁を持って、熱い鍋を持って、手が油でベトベトで。もうすぐ終わるから、ちょっとここにつかまって遊んでいてね。

 「本当は、お父さんお母さんが手をつないであげられたら、一番いいんだけど」と、デザイナーの小野里奈さん(rinao design)。でも、「そうも言っていられない!」ってときも、どうしたってありますから。

 「ちゃんとひとりで歩きなさい!」「ちょっとひとりで遊んでなさい!」じゃなくて、「ほら、ここにつかまってごらん」って言ってあげられたら、さびしい気分にならないでいられるかも。

木と革で作られた、優しい手ざわりのプロダクトです

 「つかまりたい!」と「つかまってごらん」。二つの気持ちを、そっと結びつけてくれる、こわっか。

 写真では、大きさを伝えにくいけれど、見た瞬間に、小さな手でギュッとにぎる様子が目に浮かぶ、かわいらしくて優しいプロダクトです。

 世の中にはいろんなプロダクトがあるけれど、機能やコストや生産性で、形や材料が決まって作られているものがほとんど。

 でも、このこわっかは、気持ちがそのまま形になったような商品です。

 だから、つり革だけど、プラスチックやビニールではなくて、塗装をしていない無垢材(むくざい:使用目的に応じて丸太から直接切り出した木材)と、ヌメ革で作られています。

 わっかの部分は、北海道は旭川の高橋工芸で作っています。無垢材を削って作る、細くて小さなわっか。壊れてケガなどしないように、高橋さんといろいろ検討して、たどりついた材料が、このメープルなんだとか。

 ベルトの部分は、埼玉の川口で革の職人さんが手作りです。

大人の手と比べると、こんなに小さくかわいらしい。子どもへの気持ちがそのまま形になったようなプロダクト

 そんな優しい手で作られるプロダクト。安全を考えて作られているけれど、工業製品ではないので、木目などによって強さが変わることもあります。

 だから、ぶら下がったりはしないでください。

 あとズボンのベルトループなどにつけるときは、強く引っ張りすぎると、こわっかが壊れなくても、ベルトループの方が切れてしまったり……。なんてこともあるので、くれぐれもご注意を。

 ヌメ革は、長く使っているとだんだんクタクタになってきて、色も濃くなり、やがて濃い茶色になっていきます。

 木の部分も使うほどに、少しずつ色が濃くなり、風合いが出て……。

 いつかお子さんが大きくなって、使わなくなったら、タオル掛けなどインテリアとして使ってもらうのも良さそうです。

[PR]

(文・写真 千葉敬介)

 税込み3,996円~。「密買東京」は、ここでしか買えないモノ、入手方法がよくわからないモノなどお気に入りのモノを、密かに発見する楽しみを提供するオンラインショップです。「密買東京」の記事はこちら(※ここから先は「密買東京」のサイトです。商品を購入する際は「密買東京」の規約等を確認の上、ご自身の判断でご購入ください)

密買東京

Copyright(c)密買東京 記事・画像の無断転用を禁じます

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns