渡部建が佐々木希とロッテのCMで初共演 家族で食事の夢を語る

  • 2018年5月22日

ロッテの「その歯と100年。キシリトール。」プロジェクトの発表会に、アンジャッシュの渡部建さんが出席

お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建さんが、ロッテの企業CM「その歯と100年。キシリトール。」編で妻の佐々木希さんとCM初共演することになり、22日に都内で行われた発表会に出席した。渡部さんは「いやー、照れましたね」とCM撮影の感想を語り、「(一緒に仕事をして)楽しいのは奥さんでしょうね。児島と仕事をして楽しいと最後に思ったのは11年前くらい」と、相方の児嶋一哉さんをダシに笑いを誘った。

CMは、キシリトールが採れる白樺の森で渡部さんと佐々木さんが、少女からキシリトールを手渡されて優しく微笑みかけるストーリー。佐々木さんは秋に第1子を出産予定だが、「現場の皆様にいろいろご配慮いただきました」と渡部さんは振り返っていた。

渡部建さんと佐々木希さんがCM初共演。5月22日より全国でオンエア

「夫婦でこんなステキな仕事をさせていただいてうれしいんですけど、同じ現場にいるというのも変な感じでしたね。家で練習でもしようかなと思ったけど、あんまり作り込んじゃうと(CMの)世界観と違うかなということで、とにかくナチュラルにやろうって話を二人でしました」

CM出演で「二人そろって健康を意識するいいきっかけになりました」と話す渡部さん

そのように語る渡部さんに、CMには出ていない児島さんからの手紙がサプライズで披露される一幕も。渡部さんは「いりません」と手紙の受け取りを拒否し、会場を笑わせた。

“大切な人”からの手紙は、佐々木さんではなく相方の児嶋一哉さんからだった

イベントでは、虫歯の原因の一つとされるミュータンス菌に対してキシリトール摂取がもたらす効果についての研究成果を踏まえ、専門家を交えてトークを展開。舌の筋トレや、舌の洗濯を推奨された渡部さんは「ちょっと奥歯がグラついているだけでも、食事が楽しくないじゃないですか。歯を含む口内環境を整えるのは最低条件という気がします」と話していた。

“人生100年時代”に向けて、現在45歳の渡部さんの目標は、50歳で「子どもと全力で遊ぶ」、75歳で「子どもと晩酌」、100歳で「孫と焼肉」。「家族と食事を楽しめる人生だといいな」と生まれてくる子どもへの思いを語った。

[PR]

夫婦での共演について、児島さんには伝えておらず、相方への冷たい仕打ちかと思いきや、実際は違うそうだ。渡部さんは「アイツは“知らない”キャラでいたいんです。楽屋で『ちょっといい?』と言うと、アイツは『何も言うな!』と。真剣な話をしようとすると逃げるんです。『何も聞いていない』『ネットニュースで知った』とか言いたいんですね。そういう目先の笑いが欲しいんで」と暴露。手の内を明かされた児島さんは、果たしてどうコメントするのだろうか?

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns