“スーツ不要”の身体採寸技術を企業向けに販売へ シリコンバレー発Original Inc.

  • 2018年11月19日

Bodygramでの身体採寸の計測イメージ。背景は単一色でなくても、服を着たままでも採寸できる

オンラインカスタムシャツブランド「Original Stitch(オリジナルスティッチ)」を展開している米国のOriginal Inc.は19日、スマートフォンで正面と側面の全身写真を撮影するだけで、衣服を着たまま全身の採寸ができる技術「Bodygram(ボディグラム)」を開発し、パートナー企業向けのBtoB事業としてローンチした。

Original Inc.によると、Bodygramは、スマホで正面と全身の写真をアップロードして、身長、体重、性別、年齢を入力すると、AI(人工知能)による深層学習に基づくアルゴリズムが、背景と人体、服装とその中の身体のラインを判断して、全身16カ所の採寸を行う。さまざまな人種や体形の800人の被験者に対してBodygramでデータを採取して、その後メジャーで実際に計測して誤差を検証したところ、誤差は1cm以内に収まっていたという。同社は「身体採寸精度は99%に到達した」と説明している。

IT技術を活用して特注品を低価格で製造するマスカスタマイゼーションは、EC市場が急速に拡大しているアパレル業界で注目されており、黒地に白い水玉模様が特徴的なZOZOSUITを無料配布したZOZOやAmazonも技術開発を進めている。

Original Inc.は、元々シリコンバレーで働くエンジニアが「服を買いに行くのがめんどくさい」という思いを出発点にカスタムシャツブランドを展開している。同社取締役で、今年8月に設立されたOriginal Japan株式会社の藤本学COOは、「私たちはソフトウェア開発会社であり、今回のBodygramのアルゴリズムも自社で開発し、他のアパレル企業にソリューションとして外販していきたい。新たな市場を切り開きたいパートナー企業と連携して、潜在的な需要が見込めるマスカスタマイズ市場の拡大に貢献していく」と話している。

Bodygramの事業展開について説明するOriginal Japan株式会社の藤本学COO

Bodygramで採寸されたデータは、Original Inc.が設立したデータプラットフォーム「BodyBank(ボディバンク)」に蓄積され、パートナーとなった企業は、例えばアプリやECサイト内でBodygramを使ってもらい、カスタム製品だけでなく、既製の商品の中から最適なサイズをすすめることも可能になるという。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!