生田絵梨花&海宝直人が響かせた歌声に報道陣も拍手

東宝ミュージカルラボの制作発表会見で、ビニールの仕切り越しに手を振る、生田絵梨花(右)と海宝直人(撮影・酒井清司)

乃木坂46生田絵梨花(23)、俳優海宝直人(31)らが1日、東京・日比谷のシアタークリエで、東宝演劇再開第1弾となる、ミュージカル2本立て配信プロジェクト「TOHO MUSICAL LAB.」(11日午後7時配信)の制作発表を行った。

同プロジェクトは、シアタークリエをラボ(実験室)に見立て、若手劇作家とキャストが新作ミュージカルを生配信する試み。

生田と海宝は、根本宗子氏が脚本、演出を手掛ける「Happily Ever After」に出演。

生田は「アイデアによって届けられる新しい入り口になる」と、新しい企画に期待を寄せた。

2人は劇中歌「Around The World」を歌唱披露。劇場に歌声が響き渡り、報道陣からも拍手が起こった。生田は「この時期でもできることを、と立ち上がる皆さんのエネルギーをひしひしと感じています」と、スタッフの熱意も代弁した。

2本立てのもう1作は、三浦直之氏が脚本、演出を手掛ける「CALL」。三浦氏は「空っぽの劇場で遊びつくしたい。客席から見えない構図をつくっていけたら」と話した。同作に出演の木村達成、田村芽実、妃海風も出席した。

乃木坂46生田絵梨花らミュージカルの制作発表出席

TOPへ戻る

戦姫絶唱シンフォギアの伊藤達文監督が死去 55歳

RECOMMENDおすすめの記事