ファッション雑誌「ViVi」と自民党コラボに物議

女性向けファッション雑誌「ViVi」(講談社)が、自民党とコラボした企画を実施し、ネット上で物議をかもしている。

同誌は10日、同誌で活躍するモデルらをイメージキャラクターに起用したSNS企画を発表。公式ツイッターで「みんなはどんな世の中にしたい?自分の想いを #自民党2019 #メッセージTシャツプレゼント のハッシュタグ2つをつけてツイートすると、メッセージTシャツがもらえるよ!」と告知した。

ツイッターには企画に則したさまざまな意見が多数寄せられたが、同時に、メディアと政党とのコラボに疑問の声も。「こんなキャンペーンを行うなんてガッカリです。ファッション誌は政治の道具にならないでください。悲しいです。この声が編集部の皆さんに届いて欲しいです」「あれ?自民党が出してる雑誌でしたっけ?」「viviさんがっかりです。どんな世の中にしたいか?若者の夢を奪っている自民党の片棒をかついでよく言えますね」などといった批判的なコメントも相次ぐ事態となっている。

ウーマン村本、香港の反政府デモに「日本の中にも」

トップへ戻る

「いだてん」勘九郎から阿部サダヲへ主役引き継ぎ

RECOMMENDおすすめの記事