モンキー・パンチさんしのぶ会、栗田貫一が弔辞

「モンキー・パンチ先生をしのぶ会」の祭壇(C)「モンキー・パンチ先生を偲ぶ会」実行委員会

4月11日に亡くなった漫画「ルパン三世」の原作者モンキー・パンチさん(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ、享年81)をしのぶ会が14日、東京・青山葬儀所で行われた。

祭壇は「ルパン三世」のジャケットカラーをイメージした3000本の赤いバラで彩られた。ルパンらのパネルも配置され、故人が追走劇を見守る祭壇となった。

ルパン三世の声を務めた栗田貫一(61)は「先生に守られてきたから、今日まで続けてこられたと思います。先生の全てを受け入れる器の大きさは、ルパン三世そのもの」と弔辞を読み上げた。また、実写版でルパン役の小栗旬(36)銭形警部役の浅野忠信(45)も参列。2人とも「先生の言葉で乗り切れました」と感謝した。

たけしと「協議離婚成立」幹子さん合意内容答えず

トップへ戻る

河野景子アナ、離婚を笑顔でごまかし笑顔で元気づけ

RECOMMENDおすすめの記事