乃木坂が15日の京セラD公演中止 台風10号接近

乃木坂46のロゴ

15日に京セラドーム大阪で開催予定だった乃木坂46の「真夏の全国ツアー2019」大阪2日目公演が、台風10号接近のため中止になったことが14日、分かった。乃木坂46の公式サイトで発表された。

14日の初日公演は予定通り午後6時から開催する。

サイトでは、「明日8月15日(木)京セラドーム大阪にて開催予定でした、『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』は台風10号の接近が予測されており、お客様の安全を考慮いたしました結果、やむなく中止とさせて頂きます」と発表。「楽しみにしていたお客さまにはご迷惑をお掛けいたしますこと、また公演開催直前のご案内となりましたことを、お詫び申し上げます」と謝罪した。

さらに、「お申込みのチケットは全て払い戻しとさせていただきます。詳細につきましては、後日オフィシャルサイト内にてご案内いたしますので、お手持ちのチケットは大事に保管くださいますようお願いいたします」とつづられた。

今年の乃木坂46「真夏の全国ツアー 2019」は、7月3、4日のナゴヤドーム公演を皮切りにスタート。同20、21日に福岡・ヤフオク!ドーム公演も行っていた。8月30日から3日間、ツアーファイナルとなる神宮球場で東京公演を開催する予定だ。

上西小百合、N国立花氏は「異常。器が小さすぎる」

トップへ戻る

マック鈴木氏「本当にたくましい」妻小原正子を称賛

RECOMMENDおすすめの記事