桜井玲香から秋元真夏へ「癒す」乃木坂新キャプテン

乃木坂46の秋元真夏

乃木坂46の秋元真夏(25)がグループの新キャプテンに選ばれたことが14日、分かった。京セラドーム大阪で開催された同グループの全国ツアー大阪公演で発表された。9月1日で卒業する初代キャプテン桜井玲香(25)から、同じ1期生がバトンを引き継ぐ。同2日から正式にキャプテンに就任する。

   ◇   ◇   ◇

アンコールでステージ上にメンバーが集合した。桜井が「今日ここで、新キャプテンを発表します」と切り出すと、会場が大きくどよめいた。「新キャプテン 秋元真夏」。巨大モニターに文字が表示され、ファン4万5000人から大歓声を受けた。秋元は「ありがとうございます」と涙を流しながらあいさつして、何度もお辞儀した。

「私は、今まで玲香が作って引っ張ってきた乃木坂が心の底から大好きです。みなさんも同じだと思います。だから、しっかりと受け継いで、皆さんをいつでも笑顔にできるように、まだ探り探りですけど、しっかりと歩んでいきたいと思います。これからよろしくお願いします」

激励の大声援を浴びた。「おめでとう」「頑張れ~!」。かみしめるような表情を見せ、頭を下げた。

11年8月結成の乃木坂46は翌12年2月、桜井が暫定キャプテンに指名され、同年6月から正式にキャプテンに就任。女子校出身で品があり、パフォーマンス力も高く、7年以上にわたってグループをまとめ、けん引した。

秋元は、桜井と同期で女子校出身という共通点もあり、仲もいい。ファンやメンバーから頭の大きさや運動音痴をイジられる愛されキャラで、バラエティー番組でも活躍中。一方、アイドルとしてのプロ意識やコミュニケーション能力も高い。プライベートでも多くのメンバーと遊び、食事の席を共にする。桜井は「真夏は本当に、メンバーやスタッフさん、乃木坂の心の支え。存在自体が癒やしなんです。唯一無二の武器です」と絶賛した。

乃木坂46は今や国民的アイドルグループになった。桜井が卒業を発表した先月8日以降、ファンの間で後継は誰なのか注目されていた。桜井は「新生、というわけではないですけど、あらためまして乃木坂46、よろしくお願いします」とあいさつした。同期の秋元は今後、グループの勢いや雰囲気、乃木坂46らしさを継承、継続し、幅広く世間に広げていく。【横山慧】

乃木坂遠藤さくら「認めてもらえるよう」新曲初披露

トップへ戻る

関ジャニ村上、フジテレビ五輪メインキャスター就任

RECOMMENDおすすめの記事