友利新、第3子女児を出産「命の重みを実感」

友利新(12年9月18日)

医師でタレントの友利新(41)が、第3子となる女児を出産したことを報告した。

友利は12日、インスタグラムを更新し、「私ごとですが、9月9日夕方、体重2,784グラムの女の子を出産しました。いま、母子ともに健やかに過ごしております」と報告。長男と長女に見守られながら病院のベッドで生まれたばかりの愛娘と寄り添った幸せいっぱいの写真をアップした。

子宮内にいる胎児がうまく回転できない「回旋異常」などがあり、出産には時間がかかったというが、無事に生まれたことに「新しい命を目の前にして、命の重みを実感しています」としみじみ。「駆けつけてくれた息子と娘にも、タイミングよく産声を聞かせることができ、3人の子供達の顔みて湧き上がる喜びと共に、ますます身が気が引き締まる思いです。これからも、周りの方への感謝の気持ちを忘れず、日々を過ごして参りますので、親子ともどもよろしくお願い申し上げます」とつづった。

友利は13年11月に一般男性と再婚。翌14年7月に第1子男児、16年8月に第2子女児を出産している。

高須氏、ネット出品激レア航空機「競りに勝つ自信」

トップへ戻る

菊丸がNGKで初独演会 「上方林家」への思い語る

RECOMMENDおすすめの記事