トゥラブ三田佳凛最後のステージ 体調回復せず引退

引退した三田佳凛

美少女アイドルグループ2o Love to Sweet Bullet(通称トゥラブ)の三田佳凛(20)が9日、東京・新宿のホリデーで“最後の”チェキ会に出演した。

今年6月から体調を崩し、復帰に向け治療に専念したが、ドクターストップがかかり、やむなくこの日の卒業・引退となった。

当初は『あいさつ』のみの予定だったが、メンバーから「もう一度、一緒に歌おう!」と誘われて、今の三田の状況にピッタリの「卒業」を涙ながらに熱唱。集まった100人を超すファン、メンバーの温かい拍手に送られアイドルを卒業した。

三田は「体調がずっと悪く、ステージに立つのが辛かったけど最後にステージに立てて、楽しい気持ちでアイドルを終えられて感謝しています」と話した。

なお、トゥラブは10月20日に新メンバーとして神谷泉水(22)と吉沢千佳(18)が加入して再スタートしている。

ドラマ内で再び現実のニュース「俺の話は」第5話

トップへ戻る

本木雅弘の長男UTA、アジア人初の伊老舗誌抜てき

RECOMMENDおすすめの記事