八代亜紀、デビュー50周年記念のベスト盤を発売

八代亜紀のベスト盤「オリジナル・スーパーベスト」

歌手八代亜紀(69)が、デビュー50周年記念のベスト盤「オリジナル・スーパーベスト」を11日にテイチクから発売することが3日、分かった。

「雨の慕情」「舟唄」などのヒット曲を、売り上げ枚数上位30曲でまとめたもの。すべてがオリジナル音源となる。

八代は71年にテイチクから「愛は死んでも」でデビュー。来年が50周年のメモリアルイヤーということで、一足先に記念のベストアルバムの発売が決まった。

2枚組編成で、収録される30曲のレコードとCDの売り上げ枚数は計700万枚を超える。さらに、テイチク時代に発売された28曲のレコードジャケットをCDサイズに復刻し、着せ替えジャケットで楽しめる仕様も限定生産される。

八代は近年、ジャズに力を入れるなど新ジャンルに注力したり、今春から音楽番組を初司会するなど精力的に活動を続けている。

辰巳ゆうと「盛りだくさん」の初アルバム25日発売

TOPへ戻る

マライア、クリスマス曲でギネスブック3度目認定

RECOMMENDおすすめの記事