竹内涼真「ずっとビンタされてるみたい」撮影を回想

TBS系連続ドラマ「テセウスの船」の制作発表記者会見に出席した、左から栄倉奈々、鈴木亮平、竹内涼真、上野樹里(撮影・佐藤成)

俳優竹内涼真(26)鈴木亮平(36)栄倉奈々(31)上野樹里(33)が14日、東京・赤坂のTBSで、連続ドラマ「テセウスの船」(19日スタート、日曜午後9時)の制作発表に出席した。

寺田心役を演じた竹内は人気ドラマ枠「日曜劇場」で初主演となった。「プレッシャーもありました。クランクインの前日は眠れなかった」と言いながらも「撮影チームの皆さんに助けられながらやっています。自信を持ってお届けできる作品になっていると思う」と胸を張った。

竹内の父親佐野文吾役を演じた鈴木は「竹内君とはほぼ身長が同じなんです。同じ位置(あご)にほくろあるんですよ。自信を持って親子を演じさせていただいています」と類似点をアピール。鈴木の妻で竹内の母親和子役を演じた栄倉は「まさか30代前半で20代半ばの息子を持つ役をもらえるとは思っていなかったので、とても不思議な気分です。さらに不思議なのが、撮影を重ねるごとに竹内君が息子のように思えてきて、本当にかわいく思えて、頑張れみたいな気持ちが湧いてきたこと」と竹内について語った。

竹内の妻田村由紀役を演じた上野も「どんな境遇の中であってもしっかりと心(竹内)を支え、正しい道に進んでいけるように支えていけるようにしたい」と意気込んだ。

第1話は新潟県の雪山で撮影したという。栄倉は「近年まれに見る壮大さ」と景色を絶賛したが、竹内は「あんなに寒い体験は初めて。ふぶいていて、ずっとビンタされているみたいでした」と苦笑いで振り返った。

竹内は鈴木とともに極寒の撮影地で温かい食べ物を求めて地元の人が経営する飲食店にいったという。「そこの70歳くらいのおかあさんが僕らのこと知ってくれていて、帰り際に『お願いだから抱きしめて』っていわれたんで思いっきり抱きしめたんですよ」。数日後、その飲食店がスタッフ50人分のところ、80人前サービスしてケータリングを出してくれたという。「抱きしめて良かったです」と笑顔で心温まるエピソードを明かした。鈴木も「ぼくも抱きしめましたね。おれの(ハグのおかげ)かもしれないよ」と付け加えて笑いを誘った。

本作は主人公が、殺人犯として逮捕された父が起こした事件直前の31年前にタイムスリップする場面から展開するミステリードラマ。竹内は「暗い部分が取り上げられがちだけど、このドラマは家族のドラマ」と言い切る。「家族の愛を取り持とうとする1人の人間が、壮大な運命に立ち向かって、最終話までその運命をたぐり寄せることができるのか。家族の愛を取り戻して主人公が描いていた一番いい未来になることができるのかというのを楽しみに最後まで応援していただけたら」と呼びかけた。

ロンブー復活ライブは亮と宮迫の涙の会見場で開催

TOPへ戻る

キムタク年間通しマクドナルドCM、迷い葛藤する客

RECOMMENDおすすめの記事