ライバルは短距離飛行機 ボルボが発表した完全自動運転のコンセプト車「360c」

写真

未来は飛行機でなくクルマだ。と、ボルボがユニークな未来の自動車を発表した。
名付けて「360c」。2018年9月5日、ボルボカーズが本社を置くスウェーデンの工業都市イエーテボリでベールを脱いだのは、未来のミニバンかな? と思わせるスタイルのクルマである。
電気自動車の「360c」でとりわけユニークな点は、ステアリングホイールを持たない完全な自動運転であることだ。さらに特筆すべきは、ボルボが「短距離飛行機に代わる移動手段」としてこのコンセプト車を提案した点である。
「短距離を飛行機で移動することは、とりわけビジネスパーソンにとって大いなる時間の損失です」。ボルボカーズのホーカン・サミュエルソン社長兼CEOは、世界各地から集まったジャーナリストに向けてそう語った。
360cにはステアリングホイールがない。乗員はただ乗るだけ、という「レベル5」の自動運転が想定されているからだ。
自宅や仕事場から空港までクルマで行き、並んでチェックインし、荷物検査を通り、離陸まで機内で待ち、降機してからはターミナルビル内を延々と歩き、目的の場所までタクシーで乗りつける……。「その手間をすべて省くクルマです」とサミュエルソン氏は強調した。
もうひとつ注目すべき点は、歩行者保護技術だ。市街地で歩行者を認知するとクルマ(内部のAI)はライトとサウンドでコミュニケーションをとる。
完全な自動運転のこのクルマが実際に路上を走り出すのはいつだろう。
「あと15年はかかりそうです」とサミュエルソン氏。「実現可能性がより高いのは米国と中国でしょう」と付け加えた。
(文・小川フミオ、写真=Volvo Cars提供)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    小川フミオ(おがわ・ふみお)

    クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

    [PR]