SUVなのか、それともハッチバックなのか レクサスUX試乗フォトストーリー

写真

SUVがブームとなっているいま、レクサスがちょっとユニークなスタイルの新型車を発表した。その名は「レクサスUX」といい、SUVとハッチバックの中間にあるようなモデルだ。
2018年9月にスウェーデンの首都ストックホルムで欧州仕様に乗ったところ、走りのよさに感心してしまった。
全長は4.5m、全高は1.5mに抑えられているから市街地でも使いやすいサイズである。乗ったのは2リッターガソリンエンジンのレクサスUX200と、2リッターガソリンハイブリッドの同UX250hだ。前者は前輪駆動、後者には電気モーターで後輪を駆動する全輪駆動も用意されている。
ストックホルムを試乗場所に選んだことについてレクサスは「グローバルな魅力を持つ国際都市なので、世界各地で発売されるレクサスUXに乗ってもらうのにふさわしいと考えました」と説明する。高速でも市街地でも田舎道でも、快適性も静粛性もしっかりあり、オールマイティーぶりが印象深かった。日本での発売開始は2018年末ともいわれている。
写真=レクサスインターナショナル提供

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    小川フミオ(おがわ・ふみお)

    クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

    [PR]