このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

国際ゴールド産業のブロックチェーン連盟「Goldlinks」、 現行の国際通貨システムの欠点を克服する アジア発の「新・国際貿易決済通貨」を発表

  • 配信元:@Press
  • 2018年12月3日

(@Press) - 国際ゴールド産業のブロックチェーン連盟「Goldlinks」は、世界最大の現金と貴金属の管理会社であるBRINKS社とパートナーシップを組み、ブロックチェーン技術をベースとした世界初のデジタルゴールド資産取引プラットフォームを構築いたしました。そのプラットフォーム上では「Goldlinks」が開発した、世界初の国際貿易決済用デジタル通貨「GGC(グローバル・ゴールド・キャッシュ)」を使用し、国際貿易決済のデジタル化及びキャッシュレス化を普及させる旨の発表を行いました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172093/LL_img_172093_1.jpg
GOLDLINKS

Goldlinks.one
http://www.goldlinks.one/


【「Goldlinks」について】
「全人類のために、金と最新デジタル技術を駆使して、公正で信頼でき、透明性があって普遍的な価値取引プラットフォームを創造すること」をビジョンとして掲げ設立されました。
主なミッションは、ブロックチェーン技術を活用して、世界中の金産業生産者、消費者、投資家を結びつけ、グローバルゴールド・ブロックチェーンコミュニティを確立することです。
そのための手段として、実物のゴールドとの等価交換を可能とする安定的なデジタル資産「GGC(グローバル・ゴールド・キャッシュ)」を活用していきます。


【「GGC(グローバル・ゴールド・キャッシュ)」について】
世界で初めて国際貿易の決済で使用されるアジア発のデジタル通貨「GGC」。このデジタル通貨の普及は国際貿易の広範な成長を促進し、金をベースとした貿易決済において顕著な利益をもたらします。伝統的な決済方法と比較すると、金をベースとした決済方法は効率的で透明性が高く、費用対効果が高い特長があります。また物品や資金の真偽については、改ざん不可能かつ追跡可能なモデルであるブロックチェーンを通じて検証されるため、資金の安全性を確保し、国際貿易における詐欺のリスクを大幅に軽減させる役割を果たします。


【会社概要】
商号 : Goldlinks
代表者: Ouyang Yun
所在地: シンガポール
設立 : 2018年7月
URL : http://www.goldlinks.one/


@Pressリリース詳細ページ

(提供:@Press

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns