このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

株式会社Doctor Web Pacific:アンチウイルス導入によるセキュリティリスクの発生確率の検証

  • 配信元:ZDNet Japan・企業情報センター
  • 2018年8月11日

(ZDNet Japan・企業情報センター) - ご存知のように、確率論は、正確な測定に基づく統計を扱って作り上げられた理論であるため、これより正確なものはありません。
###

18世紀の長老派の牧師で数学者であるトーマス・ベイズの名前にちなんでつけられたベイズの定理は、利用可能な最良の証拠(観測、データ、情報)に基づいて、信念(仮説、主張、命題)の妥当性を計算する方法です。 わかり易く説明すると、「初期の信念と新しい証拠=新しい信念と改善された信念」となります。

新しい証拠が与えられれば、信念が真である確率は、その証拠にかかわらず信念が真実である確率と等しくなります。信念が本当であるかどうかにかかわらず、確信が真である証拠が真実である確率で割った確率となります。

確率をP、信念をB、証拠をEとすると、基本となる数式は、P(B | E) = P(B) × P(E | B) / P(E)となります。P(B)はBが真である確率であり、P(E)はEが真である確率です。P(B | E)は、Eが真であればBの確率を意味し、P(E | B)はBが真であればEの確率です。

詳細は以下をご覧ください。
https://news.drweb.co.jp/show/?i=11770&c=5&lng=ja&p=0

(提供:ZDNet Japan・企業情報センター

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!