このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

akippaがAIを活用したダイナミックプライシング自動化の実証実験を開始 日光企画と協力

  • 配信元:PR TIMES
  • 2018年10月3日

(PR TIMES) - リリース発行企業:akippa株式会社

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気、以下akippa)は、ソフトウェア開発や店舗運営を手掛ける株式会社日光企画(代表取締役社長:姜晃啓 、以下日光企画)が開発したダイナミックプライシングをリアルタイムに自動で行うシステム「throough(スルー)」導入の実証実験を10月3日より開始いたしました。
throoughの導入により、一部のakippa駐車場料金が自動的にダイナミックプライシングに適用されるようになります。

[画像: https://prtimes.jp/i/16205/130/resize/d16205-130-946115-0.jpg ]

ダイナミックプライシングとは需要と供給のバランスで価格が動的に変わる仕組みで、需給状況によって適切な値段でモノやサービスを提供することができます。

従来は、料金設定をする際には大きな労力と手間がかかってしまうことや、利用者の増加に伴うデータの増加に対処ができない等の課題がありました。
本来、ECサイト向けであるthrooughを導入する今回の実証実験では、akippaが保有している駐車場予約データを日光企画の機械学習チーム(AI)が解析して駐車場ごとに最適な価格を導き出すことができます。その結果、akippaの駐車場オーナーに手間をかけることなくダイナミックプライシングの適用が可能となりました。

駐車場予約の価格変動要因は、イベントの有無・規模・人気性や過去の予約状況など多岐にわたり、これらの状況に応じて適切な価格設定モデルを駐車場ごとに適用いたします。
実証実験は関西エリアで実施し、その後全国の駐車場にて順次適用予定です。


■akippa(あきっぱ)とは

契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。
https://www.akippa.com/

■throough(スルー)とは

商品やサービスの需要と供給に応じて価格を変動する、ダイナミックプライシングの開発を専門で行っているサービスです。現在、ECサイトや駐車場などの動的価格の開発を行っています。
https://throough.com/


■本件に関するお問い合わせ先

akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: http://akippa.co.jp


株式会社日光企画  広報担当:中村
本社:〒574-0027 大阪府大東市三住町17-12
throough開発オフィス:〒604-8032 京都府京都市中京区山崎町235
Tel:072-872-7771
Fax:072-872-5162
Email:info@nikkokikaku.com
URL:https://www.nikkokikaku.com

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!