七井貴行が「おはよう朝日です」ロケ中に肋骨骨折

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年7月12日
[PR]

 朝日放送は12日、関西で活躍するタレントで同局の朝の情報番組「おはよう朝日です」(月~金曜午前6時45分、関西ローカル)のリポーターを務める七井貴行(44)が、同番組のロケ中にケガをしたことを発表した。

 肋骨(ろっこつ)の骨折と診断され、全治1カ月。ケガをしたのは5日放送分の1コーナー「けさのクローズアップ」で「新アトラクション続々!! 激アツプール特集」のロケ中。ロケ後に本人が違和感を感じ、病院で診断を受けたという。

 同局は「当社番組のロケ中に、七井さんがけがを負われたことを大変申し訳なく思っております」とし、「ロケの際に安全への配慮が十分であったか調査をし、また同種事故の再発防止を徹底してまいります」とコメント。「七井貴行さんへ深くおわびするとともに、1日も早い回復をお祈り申し上げます」とした。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns