コロチキ・ナダル弱音連呼に元NMB門脇佳奈子呆れ

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年7月12日
  • 写真:「超・怨霊座敷」体験会に出席した、左から門脇佳奈子、ナダル、夜雨子、西野創人

    「超・怨霊座敷」体験会に出席した、左から門脇佳奈子、ナダル、夜雨子、西野創人

  • 写真:「超・怨霊座敷」を体験し、ぐったりするナダル

    「超・怨霊座敷」を体験し、ぐったりするナダル

[PR]

 コロコロチキチキペッパーズのナダル(33)西野創人(26)、元NMB48門脇佳奈子(21)が12日、東京ドームシティで、お化け屋敷「超・怨霊座敷」体験会に出席した。

 「超・怨霊座敷」は今春オープンした「怨霊座敷」の演出を、夏バージョンとしてさらにパワーアップしたもの。怨念が強く宿る「夜雨子」を清めるために、足首を縄でしばるというミッションも追加されてる。

 ビビリ芸人でも有名なナダルは「子どものころからお化け屋敷はダメ」と明かし、「大人になってから1度いったけど、やっぱりダメだった」と話した。

 この日、門脇と2人でハードバージョンに挑戦。ナダルは入るやいなや、「あかん!」と弱音を吐き、「前に行って!」と門脇を先に立たせる始末だった。その後も「捻挫した」「風邪ひいた」とナダルらしい言い訳を連発。通常なら10分程度の行程を約30分かかった。門脇はナダルに対し、「先輩として見られなくなった。今後タメ口でいきます」と宣言した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns