松岡修造、錦織圭ベスト8も「優勝できた。悔しい」

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年7月13日
  • 写真:松岡修造

    松岡修造

[PR]

 元テニスプレーヤーでスポーツキャスターの松岡修造(50)が、錦織圭選手がウィンブルドン選手権で4強入りを逃したことに「悔しくて」と思いを語った。

 松岡は13日放送のNHK「あさイチ」に出演。小学生時代の錦織を指導した当時を振り返り「それはテニスはすごかったですよ。ほとんどテニスのことを教えることはなかったです。なぜなら僕より上だったから。テニスを教えたら絶対に彼は下手になると思った」と語った。

 元教え子がウィンブルドンで8強入りを果たしたことについては「正直言っていいですか? 優勝できましたね。今大会、めちゃくちゃチャンスだった。見ていて心臓がはちきれそうになった。悔しくて。それは彼もそうだと思います」。

 「グランドスラムを4つ取ってほしい。1つ取れば取り方が分かるんですよ。ただ、早くしないと、いま周りの選手がどんどん出てきているから。そういう意味でも(今回は)ものすごくチャンスだった。もちろん周りは『ケガから復帰してベスト8、すごい!やった!』って思うけど、僕は彼をそうは見てないから。きつい言い方かもしれないけど『もっともっとタフになれ、圭』って」と語った。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!