ベッキー、巨人片岡コーチとお忍び個展デート明かす

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年9月14日
  • 写真:個展「空へと」の追加作品展示作業を行ったベッキー(撮影・杉山理紗)

    個展「空へと」の追加作品展示作業を行ったベッキー(撮影・杉山理紗)

  • 写真:片岡コーチのお気に入りは中央の作品だという(撮影・杉山理紗)

    片岡コーチのお気に入りは中央の作品だという(撮影・杉山理紗)

[PR]

ベッキー(34)が14日、東京・新宿の商業施設NEWoMan(ニューマン)で開催中の個展「空へと」(20日まで)の追加作品展示作業を行った。

個展は今月1日から開催中で、往来の激しいJR新宿駅ミライナタワー改札横(NEWoMan2階メーンエントランス前)のウインドウディスプレーに展示されている。

20日間の展示期間を前後編に分けており、この日は1日から展示されている162センチ×162センチの巨大アート3点に加え、新たに40点の作品を自ら展示した。

展示を終えて取材に応じたベッキーは、「身近な人がわざわざ足を運んでくれています。友達が『見てきたよ』と写真を送ってくれるんですけど、必ずその写真の中に、私の絵の写真を撮ってくれている人が映っているのがうれしい」と話し、周囲の評判が良いことを喜んだ。

ベッキー自身も、交際中のプロ野球巨人、片岡治大(やすゆき)2軍守備走塁コーチ(35)と“お忍びデート”で訪れたという。「一緒に来ました。2つの意味でお忍びで」と話して照れ笑い。周囲の人にはばれなかったようで、「あちらはマスクもせず、私は袖口で顔を隠して忍者みたいな感じで。全然、そこら辺を普通に歩いていますよ。…いっぱいしゃべっちゃった!」と笑った。絵については「(片岡コーチは)『真ん中の絵がお気に入り』と言っていました」と照れながら話した。

初の個展だが「満足度は100%。こんなに充実感が得られるんだ」と納得の表情で、「地方でも見たいというお声があったので、『うちのアートギャラリーでやらせてください』とお声かけがあれば全国に届けたい」と話した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns