結ばれたひかりの裏で「いつかこの雨」6話見どころ

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年9月15日
  • 写真:やっと結ばれた北園ひかり(渡辺麻友=左)と谷川和也(堀井新太)だが、新たな事実が明らかになっていく(c)東海テレビ

    やっと結ばれた北園ひかり(渡辺麻友=左)と谷川和也(堀井新太)だが、新たな事実が明らかになっていく(c)東海テレビ

  • 写真:殺された麻美の姉である矢吹千尋(星野真里=左)は北園ひかり(渡辺麻友)の兄・国彦を英にひそませる(c)東海テレビ

    殺された麻美の姉である矢吹千尋(星野真里=左)は北園ひかり(渡辺麻友)の兄・国彦を英にひそませる(c)東海テレビ

[PR]

元AKB48の女優渡辺麻友(24)がフジテレビ系、オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」(土曜午後11時40分)に主演している。昨年12月にAKB48を卒業後、初の連続ドラマ出演となる。

渡辺が演じる主人公・北園ひかりは15年前、11歳の時に兄の国彦(桐山漣)が恋人のミュージカル女優・麻美(三倉茉奈)を殺して殺人犯になったことから人生が一変した。故郷を去り、現在はキャバクラに勤めながら、ミュージカル女優になることを夢見ている。国彦の出所が決まり、ひかりは別れを告げるために刑務所の外で待ち受ける。そこで国彦は「俺は殺していない」と衝撃の告白をする。そしてまた、新たな事件が起こるラブサスペンス。

15年前に殺された麻美の父親で、衆議院議員の矢吹洋一を演じている京本政樹(59)は「この作品は回を重ねるごとに謎が深まる物語ということで、僕の役どころも謎多き陰のある人物として演じています。やるからには僕としてもドラマの世界観に応えるべく、いつもとはガラっと違う雰囲気のキャラクターを創作してみました」と話している。

15日放送の第6話では、結ばれたひかり(渡辺)と谷川和也(堀井新太)の裏で、新たな事実が明らかになろうとしている。15年前に殺された麻美の姉・千尋(星野真里)の家に身をひそめる国彦(桐山漣)は、麻美のおなかの子供の父親が劇団の演出家・天竺要(吹越満)だと聞かされがくぜんとする。麻美を殺害したのは天竺ではないかと疑い始める国彦に、千尋は「もう終わりにしない?」と言う。千尋の真意が分からない国彦は困惑する。

そんな中、天竺の中の狂気が目を覚ます。ひかりに改めてジュリエット役を振る天竺。「お前でジュリエットをやる。殺人犯の妹、北園ひかりでな」。天竺はひかりに、殺人犯の妹として全てをさらけ出す覚悟を問う。気付かぬうちにひかりにも狂気への扉が開かれようとしていた。

恋人の三上沙耶(筧美和子)との別れを決意した和也は、別れ話を切り出す。だが、沙耶はほほ笑みながら「あなたは必ず私のもとに帰ってくる」と告げる。そして、劇団に入団希望者としてやってくる沙耶。ひかりと知り合いであることも隠さず、ミュージカルに興味があるただの女の子として団員にあいさつする。ひかりにも笑顔で「よろしくお願いしますね、センパイ」と笑顔を見せる。

一方、15年前の事件を担当した刑事の剛田仁志(木村祐一)は、千尋と麻美の父親である衆議院議員・矢吹(京本)の指示で国彦を探し続ける。そして居所を突き止め、国彦に「15年前、天竺のアリバイを証明したのは矢吹千尋だ」と衝撃の事実を告げる。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns