早霧せいな、るろうに剣心「殺陣の時間が長くなる」

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年10月11日
  • 写真:「るろうに剣心」に出演する左から松岡充、早霧せいな、上白石萌歌

    「るろうに剣心」に出演する左から松岡充、早霧せいな、上白石萌歌

[PR]

早霧せいな(38)主演の浪漫活劇「るろうに剣心」(11日~11月7日)の公開稽古が11日、東京・新橋演舞場で行われた。シリーズ発行部数6000万部の大人気漫画の舞台版で、16年の宝塚歌劇初演でも早霧が剣心役で主演している。

元新選組隊士加納役の松岡充ら男性陣との共演に早霧は「宝塚版よりも殺陣の時間が長くなり、女性との立ち回りとは違うスピード感、パワー感がある。元男役の誇りにかけて挑みたい」。松岡も「彼女の殺陣はすばらしい。宙に浮いていると思うぐらい」と言えば、剣心に思いを寄せる神谷薫役の上白石萌歌が「公演中に進化したい。男性も多く出ていますが、今は早霧さんしか見えていません」と話すと、早霧がすかさずハグする場面もあった。11月に大阪公演もある。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!