ミニ・ミー役で人気トロイヤー氏 死因は自殺と断定

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年10月12日
[PR]

今年4月に亡くなった映画「オースティン・パワーズ」シリーズのミニ・ミー役などで知られる米俳優バーン・トロイヤーさん(享年49)の死因が、ロサンゼルス郡検視局によって自殺と断定されたことが明らかになった。

長年アルコール依存症に悩まされていたトロイヤーさんは、4月3日に病院に緊急搬送され、21日に多臓器不全で亡くなっていた。検視と中毒症状のテスト、うつ状態で自殺願望があったという家族や関係者らの証言などを通じてアルコール依存症の後遺症で死因は自殺であると認定したという。病院に搬送された際には酩酊(めいてい)状態で、「死にたい」と繰り返し語っていたと検視報告書には明記されていると複数のメディアが報じている。

トロイヤーさんは低身長症で身長わずか81cmというハンディを負いながらも、「オースティン・パワーズ」シリーズの他、「ハリー・ポッターと賢者の石」(01年)や「Dr.パルナサスの鏡」(09年)など多数の映画やテレビ番組などに出演して20年間に渡って第一線で活躍してきた。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!