乙武洋匡氏、暴言の武智にエール「それはそれ」

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年12月6日
  • 写真:乙武洋匡氏

    乙武洋匡氏

[PR]

作家の乙武洋匡氏(42)が、「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に暴言を吐いたことで批判を浴びているスーパーマラドーナ武智(40)にエールを送った。

武智は「M-1」終了後にインスタグラムでライブ配信を行い、とろサーモンの久保田かずのぶとともに酔った勢いで上沼を批判。上沼を「オバハン」と呼び、「右のオバハンにはみんなウンザリしてる。『嫌いです』って言われたら、『更年期障害か?』って思いますよね」などと暴言を吐いた。その後、ツイッターで謝罪したものの批判が殺到している。

乙武氏は6日、ツイッターで「それはそれ。これはこれ」と、今回の騒動と同コンビの漫才を切り離してとらえ、「この3年間、たくさん救われてきました。ビデオテープだったら擦り切れるほど。それでも僕は、スーパーマラドーナの漫才が大好きです。頑張れ。頑張れ」とエールを送った。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!