純烈友井11日に謝罪会見 ほかのメンバー出席せず

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2019年1月10日
  • 写真:友井雄亮(18年12月撮影)

    友井雄亮(18年12月撮影)

[PR]

5人組男性歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)が、交際女性に暴力を振るい、3000万円の使い込みをしたなどと10日発売の週刊文春に報じられた問題で、早ければ11日にも友井自身が都内で記者会見をすることが10日、分かった。友井側には騒動を早期鎮火したい思惑がある一方で、対応はドタバタ状態。この日、都内で行われた番組収録に友井は欠席した。

“スーパー銭湯のアイドル”として人気の純烈らしく、この日は都内の温浴施設でテレビ番組の収録が行われた。関係者によると、文春発売当日でもあり、報道による騒動の広がりなどが予測できない状況だったので、友井を外した4人で収録したという。4人は午後、2台の車に分かれて現場入り。小田井涼平(47)は集まった報道陣に車内から軽く会釈した。ただ4人はその際、いずれも取材に応じることはなかった。

その後10日午後7時半ごろ、所属レコード会社を通じ、マスコミ各社あてに「純烈・友井雄亮 謝罪会見」というファクスが届いた。11日午後5時から都内で、ほかのメンバーは参加せず、友井1人で今回の文春報道に関する会見をすると発表した。

今回、純烈側の対応は後手後手に回った印象だ。当初、文春でトラブルが報じられることが判明した9日昼ごろ、都内で5人全員で会見する意向を一部メディアに対し非公式に説明。だがその数時間後に方針を撤回し、会見を後日に改めるとした。その後同午後7時ごろ、友井が純烈公式ブログで「記事の内容につきましては、すでに解決にはなっております」と記し、トラブルは認めつつも解決済みと強調。ところが10日午前2時ごろになって所属事務所が「問題が解決済みであるとの事実と異なる部分があった」として、友井の記述を削除した。

純烈の所属事務所は、10日午前10時半ごろ、あらためて文書をファクスで発表。「解決済み」としたことが事実ではないとし、謝罪した。

07年の結成から12年。中高年女性のアイドルとして、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で念願の初出場を果たし、ブレークしたばかりの苦労人グループが大きな岐路に立っている。純烈が次に大きなイベントに登場するのは、24日に開幕する東京・明治座「前川清座長公演」出演になる予定。その後も各地で営業の仕事が入っており、ファンへの謝罪を優先しながらも、騒動の早期沈静化をはかりたい意向。そのためにも、友井自身が単独会見を開き、謝罪することになったとみられる。

◆週刊文春の報道によると、友井は14年ごろから、都内在住で芸能関係者のA子さん(30代)と同居。DV騒動をたびたび起こしていたという。16年には友井がDVと浮気を認めた上で、妊娠、流産に至ったことを謝罪し「今後一切、接触しない」などと書いた誓約書を作成したという。また、15年からは、A子さんと同時にB子さん(40代)とも交際。昨年までB子さんの2人の子どもと家族同様の生活を送っていたが、この間にB子さんの貯金3000万円を使い込んだとして、互いに弁護士を立てて協議。B子さんと交際中に、C子さん(30代既婚)との交際もあったという。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!