おんなのイケ麺

ちょうど良い案配のとり天ちくわ天うどん 山戸結希さん

  • 2015年12月24日

「おにやんま」のとり天ちくわ天うどん

写真:山戸結希さん 山戸結希さん

[PR]

 シンプルな麺とダシに、揚げたての大きなちくわ天と塩味の利いたとり天。全てがちょうど良い案配で、また食べたくなるうどんです。夏は「ぶっかけ」を選ぶんですけど、今の季節は温かいおつゆがおいしいですね。

 初めてお店に行ったのは1年くらい前。徹夜明けの朝7時ごろでした。大学生の時から憧れていた、五反田の映像編集スタジオで仕上げ作業をした後です。やっとそのスタジオで仕事ができて、おいしいと話に聞いていたうどんが食べられた。思い出のお店です。朝の光を受け、カウンターの中でお兄さんがシャキシャキ働いていた光景に、なんだか元気づけられたことを覚えています。

 映画監督って食にこだわる人が多い気がします。身体的に過酷な職業だからでしょうか。食べることは、「見る」「読む」「聴く」と同じくらい、自分の作品に影響する大事なことだと思います。

    ◇

 やまと・ゆうき 映画監督。2012年、大学在学中に独学で映画を撮り始める。「溺(おぼ)れるナイフ」が来年秋公開予定。

 ◆「おにやんま」五反田店 東京都品川区西五反田1の6の3。490円。午前7時~翌午前3時(日曜祝日は翌午前0時まで)。12月30日~1月3日休み(29日は午後3時まで)。

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping