住金支援機構、老朽化マンション対応で官民勉強会

  • 記事提供:住宅新報
  • 2018年8月10日
[PR]

 住宅金融支援機構はこのほど、老朽化マンション問題への対応として、「マンション価値向上に資する金融支援のあり方勉強会」を設立した。参加メンバーは、管理関係団体や民間金融機関、行政の各担当者と弁護士。主にマンション共用部のリフォームローンについて、情報の非対称性解消や、民間金融機関の参入支援について検討する。来年2月までに全5回開催する。来年度はその検討結果もとに実施段階に入る計画。行政や関係団体と連携した広報活動やデータ整備、協調融資の構築などを視野に入れる。

住宅新報社

Copyright(c)住宅新報社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!