都内で初、経産省の高層ZEH-M実証事業に採択 東京建物

  • 記事提供:住宅新報
  • 2018年9月14日
[PR]

 東京建物は9月14日、東京都世田谷区で開発しているマンション「ブリリア弦巻」が、経済産業省の公募する「高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」として東京都内で初めて採択されたと発表した。「ブリリア」シリーズとしても初の高層ZEH-M実証事業となる。

 同マンションは鉄筋コンクリート造りの地上8階建て、総戸数72戸で延べ床面積は約6150平方メートル。外壁などの断熱性能向上や高断熱サッシの採用、高効率給湯設備などを備え、同省の定義するZEH集合住宅の水準のうち、6階建て以上の建物に求められる基準の「ZEH-M Oriented」を満たしている。竣工は19年12月上旬、入居開始は20年1月下旬を予定している。

住宅新報社

Copyright(c)住宅新報社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!