浦安でアクティブシニア向け分譲マンションを着工 ミサワホーム

  • 記事提供:住宅新報
  • 2019年1月22日
[PR]

 ミサワホームは千葉県浦安市東野で、アクティブシニア向け分譲マンション「ミサワホーム浦安シニアマンション(仮称)」を建設する。1月18日に起工式を執り行った。設計・施工は大末建設が担当する。

 同マンションは調剤薬局一体型コンビニエンスストアや地域包括支援センターを備える複合商業施設「ASMACI浦安」、浦安中央病院に隣接する。

 来訪者の取り次ぎや緊急コール対応といった、24時間体制で生活を支援するライフコンシェルジュサポート、安否確認やゴミ回収、買い物代行といったサービスを提供。ラウンジやスパ、料理教室のできるオープンキッチンを備えたレストラン、パーティールーム、カラオケや演奏ができるスタジオなど、入居者同士が気軽に交流を持つことができる設備も備える。

 同マンションは地上4階建て、鉄筋コンクリート造。敷地面積4553平方メートル、延べ床面積7788平方メートル。総戸数88戸で、間取りは1LDK~2LDK。

 販売開始は3月、竣工は20年3月をそれぞれ予定する。

住宅新報社

Copyright(c)住宅新報社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!