音楽ニュース

猫好きアーティストによる絵馬の展示も! 浮世絵世界で猫と遊べる『江戸ねこ茶屋』オープン

  • 記事提供:OKMusic
  • 2018年6月22日
  • 写真:『江戸ねこ茶屋』 (okmusic UP's)

    『江戸ねこ茶屋』 (okmusic UP's)

[PR]

浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ『江戸ねこ茶屋』が、JR両国駅西口イベント広場の両国駅広小路にて6月15日(金)よりオープン! 『江戸ねこ茶屋』は、“両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる”というコンセプトのもと8月31日(金)まで開催している。

会場内にはウルフルズの3人、斉藤和義、坂本美雨など猫好きなミュージシャンやタレントが描いた絵馬が飾られており、希望者は抽選で購入も可能とのこと。その売上から経費を除いた全額は、保護猫の支援団体へ寄付される。

会場は、長屋をモチーフにした建物内を浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を再現。その中で暮らしている猫たちと触れ合うことができ、どこもかしこもがフォトスポットとなった新感覚の猫カフェを体験できるというものだ。

DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)では、フリーライターの兵庫慎司による『江戸ねこ茶屋』の訪問レポートを掲載中! 『江戸ねこ茶屋』ならではの楽しみ方や“60分などあっという間”だったという会場の様子が書かれているので、気になった方はまず初めにレポートからチェックしてみてはいかがだろうか。入場券も好評発売中!

『江戸ねこ茶屋』詳細情報

開催期間:6月15日(金)〜8月31日(金)

OPEN 11:00/CLOSE 20:00(最終入場は19:00まで)

開催場所:JR両国駅前 両国駅広小路

※JR両国駅西口より徒歩1分

<チケット>

一般¥1,500

中学生・高校生¥1,200

※時間制60分(時間指定ではございません)

※延長20分毎 一般・中学生・高校生¥500

※小学生以下入場不可

◎収益金の一部を保護猫活動の支援金として寄付します。

元記事を読む

OKMusic

Copyright(c)OKMusic 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns